ダイエー楽天市場店    ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】

東京2020オリンピック テレビ各局テーマ曲

2021年06月28日

阪急千里線100周年記念ヘッドマーク付列車

阪急千里線が開業100周年を迎えたのを記念して運行されているヘッドマークを掲出した列車を撮影してきました。まもなく6月30日で掲出が終了します。

210625_hankyu1.jpg
▲千里線開業100周年記念ヘッドマークを掲げて走る3300系(十三・6月25日)。

阪急千里線は、千里丘陵での宅地開発を計画していた北大阪土地が設立した北大阪電気鉄道により建設され、大正10年(1921年)4月1日に十三−豊津間が開業。同年10月26日には、豊津−千里山間が開業しました。

当初、天神橋(現・天神橋筋六丁目)を起点とする計画でしたが、資金難により、淀川の橋梁建設ができなくなったため、起点を十三に変更し、同駅で阪神急行電鉄(阪急)に連絡することにしたということです。南方駅付近から吹田駅付近は、東海道本線のルート変更により、鉄道院から払い下げられた旧線敷を使って敷設されました。車庫は、吹田駅付近に設けられました(現在は住宅地)。

140807_hankyu10.jpg
▲近年まで、一部に旧東海道線の橋脚を使用していた新神崎川橋梁。残念ながら、高架化工事の進捗により、撤去されてしまった(下新庄−吹田・2014年8月7日)。

その後、大正12年(1923年)4月には、京阪電気鉄道が新京阪線(現・阪急京都本線)を建設するにあたって設立した新京阪鉄道に買収され、新京阪鉄道の路線となりました。新京阪線は、大正14年(1925年)10月に天神橋−淡路間が開業。3年後の昭和3年(1928年)11月には、京都西院まで延ばし、嵐山線も開業しました。昭和5年(1930年)9月、新京阪鉄道は京阪電気鉄道と合併となりました。

昭和18年(1943年)10月には、戦時の陸上交通事業調整法による統合で、京阪電鉄と阪神急行電鉄(阪急)が合併。新京阪線・千里山線(当時、十三−淡路間は十三線)・嵐山線は、京阪神急行電鉄の路線となりました。

210624_hankyu2.jpg
▲カーブが続く豊津−関大前間をゆく3300系(6月24日)。

戦後、新京阪線の系統を残して、京阪電気鉄道が分離。新京阪線(現・京都本線)、千里山線(現・千里線)、嵐山線は、阪急の路線として定着し、現在に至ります(天神橋−淡路間は千里線に、十三−淡路間は京都本線に再編)。

阪急の路線になって以後、千里線は、昭和38年(1963年)8月に千里山−新千里山(現・南千里)間が、昭和42年(1967年)3月に南千里−北千里間が開業(この時、千里山線から千里線に改称)。千里ニュータウンのアクセスを担う路線となりました。延伸開業時、北千里駅には、日本初の自動改札機が設置されました。

戦前に開業した千里山までは、大変カーブが多く、運転速度も遅い区間となっていますが、新しい千里山−北千里間は、高架や直線が多い高規格で建設され、踏切もない区間となっています。

210624_hankyu3.jpg
▲南方〜千里山の各駅には、開業100周年の看板も掲げられた(吹田・6月24日)。

千里線は、昭和45年(1970年)に開催された日本万国博覧会のアクセスとしても活躍。開催前年の昭和44年(1969年)12月に、大阪市営地下鉄(現・Osaka Metro)堺筋線との相互直通運転を開始。会場の最寄り駅として、南千里−北千里間に万国博西口駅を設置し、梅田、動物園前、高速神戸、宝塚からの直通準急列車も運行し、観客輸送を担いました。

210624_hankyu4.jpg
▲記念ヘッドマークを掲げて京都線を快走する3300系(水無瀬・6月24日)。

210625_hankyu5.jpg
▲記念ヘッドマークを掲げた最新鋭1300系の北千里ゆき(大阪梅田・6月25日)。

210625_hankyu7.jpg
▲大阪梅田駅で並んだ記念ヘッドマーク掲出列車(6月25日)。

100周年記念ヘッドマークは、大阪市営地下鉄との相互乗り入れ開始時に大量投入された最古参の3300系(3323編成)と、最新鋭の1300系(1312編成)の2編成に掲出し、千里線と京都本線、Osaka Metro堺筋線で運行されています。

210625_hankyu6.jpg
▲3種類作られた記念ヘッドマーク。左から、3300系と阪急社章、1300系と阪急社章、開業時の北大阪電鉄1型と北大阪電鉄社章をデザイン。

また、南方、崇禅寺、淡路、下新庄、吹田、豊津、関大前、千里山の8駅では、歴史パネルの展示が行われています。ヘッドマーク掲出とパネル展示は、6月30日で終了します。

210625_hankyu8.jpg
▲42年間に渡り終着駅だった千里山駅の歴史パネル。

210625_hankyu9.jpg
▲【左】関大前駅パネルで紹介の駅名変遷。駅名が6回変更されており、その回数は日本一。【右】崇禅寺駅パネルで紹介の線形改良工事の空撮写真。手前を横切る東海道線は、大正時代に、この地点でルートを変更。その旧線敷を阪急が走っている。


阪急 京とれいん雅洛 展望編 梅田-河原町 往復 [DVD] 4,620円【送料無料】 阪急電車の記録 下巻 1970〜80年代 京都本線・千里線編 [ 諸河久 ] 1,650円【送料無料】 グリーンマックス 阪急8000/8300系 1次車 基本4両編成セット(動力付き)[Nゲージ鉄道模型] 17,186円【送料無料】


■関連記事
阪急京都線・地下鉄堺筋線 相互直通運転50周年
阪急・地下鉄堺筋線 相互直通40周年記念列車(往路編)
阪急・地下鉄堺筋線 相互直通40周年記念列車(復路編)
posted by レールブログ at 20:50| Comment(0) | 阪急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月20日

令和3年3月3日記念切符を求めて・・叡電・名鉄へ

令和3年3月3日は、3が並んだゾロ目の記念切符を求めて、叡山電鉄、名古屋鉄道、伊豆箱根鉄道へ行ってきました。遅まきながら、レポートいたします。

210303_名鉄名古屋駅

令和に入って、すっかり恒例のものとなったゾロ目記念切符の発売。今年も、多くの鉄道会社が参戦しました。

今回、レールブログは、1つ前の記事でレポートした185系の撮影のため、我が大阪から青春18きっぷで静岡方面へ向かう旅の行程で買い求めることにしました。

210303_叡電出町柳駅
▲叡電出町柳駅

まずは、近場、昨年も購入した京都の叡山電鉄へ。こちらでは、「3並び記念硬券入場券セット」(三宅八幡駅の大人用・小児用入場券各1枚のセット)が発売されたのですが、発売開始が午前6時と早かったため、旅の都合で、こちらは諦め、通常販売の硬券入場券を購入することにしました。

210303_叡電出町柳駅

叡電で販売の硬券入場券は、通常、西暦表記なのですが、この日だけは、和暦表記で販売されます。出町柳駅で購入後、もう一つの販売駅、修学院駅へも出向いて購入しました。

修学院駅では、昨年7月の大雨被害で不通になっている区間の貴船口駅、鞍馬駅の入場券も販売されており、こちらも購入しました。

210303_叡電入場券

なお、6時に発売開始した記念入場券セットは、公式ツイッターによると、午前9時半頃に完売したとのこと。発売数は、333セットでした。

続いては、JRの青春18きっぷで、京都から在来線で名古屋へ。名古屋では、名鉄名古屋駅に立ち寄りました。

名鉄名古屋駅サービスセンターにて、「令和3年3月3日記念乗車券」(1,000円)を購入。午後4時頃でしたが、まだ残っていました。三柿野駅、三郷駅、三好ヶ丘駅と、三が付く駅発の硬券乗車券がセットになり、台紙には、3にまつわる新旧車両がデザインされています。発売数は、2,021セットでした。

210303_名鉄「令和3年3月3日記念乗車券」

210303_名鉄「令和3年3月3日記念乗車券」

そして、さらに青春18きっぷで東へ向かい、この日の最終目的地、小田原へ。ここでは、伊豆箱根鉄道大雄山線の小田原駅に立ち寄りました、

210303_伊豆箱根鉄道小田原駅
▲伊豆箱根鉄道小田原駅

伊豆箱根鉄道では、「令和3年3月3日記念乗車券セット」(1,000円)を購入。夜10時半頃でしたが、まだ残っていました。硬券乗車券3枚がセットになり、台紙も硬券を模したデザインになっています。発売数は、ネット販売も含めて、1,000セットでした。

210303_伊豆箱根鉄道「令和3年3月3日記念乗車券セット」

210303_伊豆箱根鉄道「令和3年3月3日記念乗車券セット」

令和3年3月3日記念切符を発売した鉄道会社(西から):JR九州、熊本電気鉄道、南阿蘇鉄道、井原鉄道、水島臨海鉄道、和歌山電鐵、近畿日本鉄道、叡山電鉄、伊賀鉄道、三岐鉄道、名古屋鉄道、北陸鉄道、えちごトキめき鉄道、アルピコ交通、上田電鉄、伊豆箱根鉄道、富士急行、秩父鉄道、上信電鉄、東武鉄道、京成電鉄、新京成電鉄、流鉄、いすみ鉄道、わたらせ渓谷鐵道、関東鉄道、山形鉄道(以上27社)

青もみじと紅葉の叡山電鉄全線 出町柳〜鞍馬・昼夜2往復[ブルーレイ] 4,545円【送料無料】 すごいぞ!関西ローカル鉄道物語 [ 田中輝美 ] 1,980円【送料無料】
国鉄硬券切符栞 上越新幹線(大宮発特急券タイプ) 480円 JR公認 車両型ラバーパスケース JRコンテナ18D形 1,430円

クリック一ひとつで旅に出よう!(楽天トラベル) 日本最大級!大阪の高速バス予約(楽天トラベル)
鉄道模型・鉄道DVDも・・Joshin web 家電とPCの大型専門店

■関連記事
2並び和暦硬券入場券を求めて・・伊勢鉄・叡電・近鉄へ
令和最初のゾロ目 和暦硬券切符を求めて・・
平成22年2月2日記念入場券
平成22年2月22日記念入場券
posted by レールブログ at 01:50| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月19日

特急「踊り子」などで活躍の185系が定期運用終了

3月13日のダイヤ改正で、JR東日本の特急「踊り子」や「湘南ライナー」などで活躍していた185系が定期運用を終了しました。それを前に、最後の活躍の模様を伊豆急行や伊豆箱根鉄道などで撮影して参りました。

210305_踊り子・185系
▲相模灘に沿う伊豆急行線を行く185系・踊り子3号(片瀬白田−伊豆稲取間・3月5日)。

185系は、国鉄が最後に送り出した特急型車両で、1981年(昭和56年)3月にデビュー。関西で運用されていた通勤型車両117系をベースに設計され、特急型車両でありながら、1車両にドアを片側2ヵ所に設置するなど、通勤運用にも対応できるよう設計された異色の車両でした。緑の斜めストライプの塗装が当時としては斬新で注目されました。

210307_踊り子・185系
▲多くのファンを魅了させたこのフォルムの185系(修善寺・3月7日)。

当初は、東海道線の普通列車として運用を開始。その後、急行「伊豆」に導入されたのち、特急「あまぎ」と急行「伊豆」の統合により、誕生した特急「踊り子」で現在に至るまで約40年間活躍しました。

210304_踊り子・185系
▲伊豆急線をゆく踊り子13号伊豆急下田ゆき(蓮台寺−伊豆急下田・3月4日)。

210305_踊り子・185系
▲伊豆急伊豆稲取駅を出る踊り子9号伊豆急下田ゆき(伊豆稲取−今井浜海岸・3月5日)。

一方、185系は、1982年(昭和57年)、大宮駅暫定開業の東北・上越新幹線に連絡する「新幹線リレー号」や高崎線の急行にも投入。こちらは、200番台が付番され、緑色の横帯の塗装でした。新幹線の上野駅開業でリレー号が廃止になった後は、新特急「谷川」「草津」「なすの」「あかぎ」などで活躍しました。

210306_踊り子・185系
▲伊豆箱根鉄道駿豆線をゆく踊り子3号修善寺ゆき(三島田町−三島二日町・3月6日)。

特急「踊り子」は、東京と伊豆方面を結ぶ列車で、伊豆急下田へは、伊東から伊豆急行線に乗り入れ、また、修善寺へは、三島から伊豆箱根鉄道駿豆線に乗り入れて運行。両方面の列車は、併結されて運行され、熱海駅で分割・併合されていました。

210304_踊り子発車票・熱海駅
▲熱海駅の行先表示器には、185系特別バージョンの表示が出現(3月4日)。

210306_踊り子・185系
▲伊豆箱根鉄道をゆく踊り子13号修善寺ゆき。背後に富士山が見える有名撮影地であるが、天候悪く見えず・・(三島二日町−大場・3月6日)。

210307_踊り子・185系
▲土日祝のみ見られた名シーン。伊豆箱根鉄道牧之郷駅で離合する踊り子9号修善寺ゆき(左)と8号東京ゆき。185系の離合は、この日が最後(動画より切り出し・3月7日)。

「湘南ライナー」は、1986年(昭和61年)から、踊り子の間合いで運行されていた通勤ライナーで、小田原−東京間で運行されていました。湘南ライナーには、オール2階建ての通勤型車両215系も使用されていましたが、こちらも定期運用終了となっています。

210304_湘南ライナー・215系
▲オール2階建て車両215系で運行の湘南ライナー8号東京ゆき。この車両も定期運用撤退となった(小田原・3月4日)。

210304_湘南ライナー・185系
▲東海道貨物線をゆく湘南ライナー10号・東京ゆき(二宮−大磯間・3月4日)

210304_湘南ライナー・185系
▲東海道線をゆく湘南ライナー12号・東京ゆき(二宮−大磯間・3月4日)

210307_踊り子・185系
▲伊豆箱根鉄道をゆく踊り子3号修善寺ゆき(三島二日町−大場・3月7日)。

210307_踊り子・185系
▲修善寺駅でわずか12分間見られた踊り子が2本並ぶシーン(14時6分、13号到着から14時18分、12号発車まで・3月7日)。

今回のダイヤ改正で、特急「踊り子」と、「湘南ライナー」に代わって誕生した特急「湘南」には、E257系を投入。185系は当面、臨時列車で運用される予定となっています。

210307_踊り子・185系

210304_185系踊り子号記念弁当・小田原駅
▲「185系踊り子号記念弁当」も販売。小田原駅にて。

210304_駅弁185系掛け紙・伊東駅
▲伊東駅の駅弁には、オリジナル掛け紙が付けられた。

210304_小田原駅スタンプ
▲小田原駅では、185系がデザインされたスタンプ用台紙が用意。

210304_185系踊り子ポスター・熱海駅
▲熱海駅に掲示された185系・踊り子号特製ポスター。


185系「踊り子」最終章
185系「踊り子」最終章
1,500円【送料無料】
旅と鉄道 2021年増刊3月号 ありがとう185系[電子書籍] 1,188円
185系 特急踊り子108号 伊豆急下田〜東京[ブルーレイ] 5,217円【送料無料】 トミックス 185系 基本セットA[Nゲージ鉄道模型] 38,085円【送料無料】

クリック一ひとつで旅に出よう!(楽天トラベル) 日本最大級!大阪の高速バス予約(楽天トラベル)
鉄道模型・鉄道DVDも・・Joshin web 家電とPCの大型専門店
posted by レールブログ at 13:10| Comment(0) | JR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

京阪京津線 パステルブルーの800系 運行終了

11月10日、塗装変更が進む京阪京津線800系の最後に残った原色編成の運行が終了しました。運行終了前日と当日の2日間に渡り、撮影して参りました。

201109_京阪800系・大谷駅
▲デビュー以来、23年間親しまれたパステルブルーの800系(大谷駅・11月9日)。

京津線は、滋賀県大津市のびわ湖浜大津駅と京都市の御陵駅を結ぶ路線。1997年10月まで、京津線は浜大津−京津三条(京都市)間を結んでいましたが、御陵−三条間が廃止になり、それに代わって開通した京都市営地下鉄東西線に乗り入れることになりました。

800系は、京都市営地下鉄東西線への乗り入れに対応する車両としてデビュー。路面区間、山岳区間、地下鉄区間を走るため、それぞれに対応すべく、多彩な機能を備えた車両であるのが特徴です。

201109_京阪800系
▲びわ湖浜大津−上栄町間の併用軌道をゆく800系(11月9日)。

ボディカラーは、琵琶湖の水面をイメージしたパステルブルーと日本の伝統色である灰白、刈安(黄)の3色を用いたもので、デビュー以来約20年、このカラーで親しまれてきました。

しかし、2017年3月、緑を基調とした京阪のコーポレートカラーに塗り替えられることが発表。それから、徐々に塗装変更が進み、2020年7月からは、残り1編成となっていました。

原色ボディカラーは、琵琶湖にふさわしく、とても明るく、さわやかなカラーであり、レールブログ個人としても、大変好きなカラーでした。同様に、このカラーのファンは多く、大変惜しまれつつ消えていくことになります。

運行終了前日と当日は、ほぼ1日を通して走る運用に就き、沿線には、至る所に撮影ファンの姿が見られました。

201110_京阪800系
▲びわ湖浜大津駅手前の直角カーブを曲がる800系(11月10日)。

201110_京阪800系
▲4両編成の800系が併用軌道を走る姿は、なかなかの迫力(びわ湖浜大津−上栄町・11月10日)。

201110_京阪800系・大谷駅
▲山あいの大谷駅に停車中の800系・太秦天神川ゆき(11月10日)。

201110_京阪800系
▲夕暮れ時の山あいをゆく800系・太秦天神川ゆき(大谷−追分・11月10日)。

201110_京阪800系
▲地下線から駆け上がる800系。1997年の地下鉄東西線開通時は、この付近で線路切り替え工事が行われた(御陵−京阪山科・11月10日)。

201110_京阪800系
▲併用軌道から専用軌道へと入る800系。電車用信号の矢印が点灯している(びわ湖浜大津−上栄町・11月10日)。

【動画】YouTubeレールブログチャンネル 11月10日のラストラン、びわ湖浜大津駅20時23分到着後、錦織車庫へ回送されました。石山坂本線三井寺駅通過の模様・・


京阪電鉄、叡山電鉄、京福電鉄(嵐電) 1世紀の写真記録 [ 高橋 修 ] 2,035円【送料無料】 京阪800系 旧塗装旧マーク 4両セット[Nゲージ鉄道模型] 18,117円


ラベル:大谷
posted by レールブログ at 07:00| Comment(0) | 京阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

北大阪急行 開業&相互直通50周年ヘッドマーク付列車

まもなく9月末で掲出を終了する北大阪急行の開業50周年記念ヘッドマークと相互直通運転50周年記念ヘッドマークを付けた列車を撮影してきました。

200916_kitakyu5.jpg
▲相互直通50周年ヘッドマークを掲げて走る9000形(桃山台・9月16日)。

北大阪急行は、1970年(昭和45年)2月24日に開業。同時に大阪市営地下鉄(現・Osaka Metro)御堂筋線(江坂−あびこ間)との相互直通運転を開始しました。

開業当初は、大阪万博輸送を担うため、江坂−万国博中央口駅間(9.0km)の路線で運行。万博終了後は、千里中央−江坂間(5.9km)に区間を変更し、千里ニュータウンの足として活躍してきました。

現在、2023年度の開業を目指し、千里中央−箕面萱野間(約2.5km)で延伸工事が行われています。

200923_kitakyu6.jpg
▲桃山台駅に入線する開業50周年ヘッドマークを付けた8000形(9月23日)。

200124_kitakyu1.jpg
▲開業50周年ヘッドマークを掲げて走る9000形(江坂−緑地公園・1月24日)。

開業50周年記念ヘッドマークは、2019年10月21日から掲出を開始。8000形3編成と9000形4編成に掲出されました。2020年1月27日からは、相互直通運転開始50周年記念ヘッドマークの掲出を開始。9000形3編成に掲出されました(開業50周年ヘッドマークから付け替え)。また、Osaka Metro御堂筋線でも、同デザインのヘッドマークが30000系7編成に掲出されました。

200925_kitakyu7.jpg
▲桃山台車庫を出る相互直通50周年ヘッドマークを付けた9000形(9月25日)。

200923_kitakyu8.jpg
▲北急と共通デザインの相互直通50周年ヘッドマークを掲げて走るOsaka Metro30000系(桃山台・9月23日)

200918_相互直通50周年記念ヘッドマーク
▲相互直通50周年ヘッドマーク。編成の千里中央側に掲げているのは、1970年当時の両者車両のデザイン(左)。なかもず側に掲げているのは、現在の両者最新車両のデザイン(右)。

さらには、開業50周年ヘッドマーク掲出中の9000形9001編成の両先頭車に、大阪万博50周年と北大阪急行開業50周年を記念したラッピングが施され、2月24日から運行開始しました。

200916_北大阪急行開業50周年ヘッドマーク
▲開業50周年ヘッドマークは、北急のマナー啓発活動を中心に展開してきたキャラクター「北鳩家族」(きたきゅうふぁみりー)をデザインした開業50周年ロゴマークを掲げている。

200923_kitakyu9.jpg
▲大阪万博50周年と北大阪急行開業50周年を記念したラッピング列車(西中島南方・9月23日)。

200923_kitakyu10.jpg
▲北急開業50周年ロゴマークとEXPO'70のマークがコラボ。

両ヘッドマークの掲出とラッピング列車の運行で、この数ヶ月間、大変にぎやかな同線となっていましたが、いずれも、まもなく9月30日で終了となります。

200117_kitakyu4.jpg
▲桃山台駅のかつて花時計があった花壇にも、開業50周年のマークが掲げられた(1月17日)。

200923_kitakyu11.jpg
▲開業50周年の装飾が施された千里中央駅の階段(9月23日)。

200124_kitakyu2.jpg
▲千里中央駅では、北急50年の写真展示も行われた(1月24日)。

200124_kitakyu3.jpg
▲大阪万博の観客輸送を担った会場線の様子。




―――2020年10月30日 追記―――
本文中に相互直通50周年ヘッドマーク(6枚目)と開業50周年ヘッドマークの写真を追掲載しました(7枚目)。 なお、北急開業50周年企画「北急家族(きたきゅうふぁみりー)PROJECT」は、12月まで延長されました。それに伴い、開業50周年ヘッドマークの掲出、ラッピング列車の運行、各駅の装飾の期間も延長となっています。
posted by レールブログ at 14:50| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする