ダイエー楽天市場店    ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】

2012年11月07日

まもなく消える大阪市営地下鉄の百葉箱

大阪市営地下鉄のホームに設置されている百葉箱がまもなく消滅します。

121014_大阪市営地下鉄天満橋駅・百葉箱
▲谷町線天満橋駅の百葉箱(10月14日撮影)。

大阪地下鉄のホームで、なんとなく目にしていた三角屋根の木の箱。小学校の校庭でおなじみの百葉箱が、梅田駅など8駅のホームに設置されています。

箱の中には、温度と湿度の計測器が入っており、駅の環境管理に役立てるために計測し続けられているとのこと。日が当たらない地下ですが、列車風が当たるのを避けるため、百葉箱が採用されたのだそうです。この計測データは、2001年に全駅完了した駅の冷房化計画の参考データとしても使用されました。

121014_大阪市営地下鉄梅田駅・百葉箱
▲御堂筋線梅田駅の百葉箱(10月14日撮影)。

百葉箱が最初に設置されたのは御堂筋線淀屋橋駅で、大阪地下鉄が開業した翌年・1934年(昭和9年)のことでした。それから78年間に渡って計測が続けられ、貴重な地下駅の環境変化のデータが蓄積されてきました。

今後も計測は続けられますが、天井に付いているセンサーの精度が向上したため、センサーでの計測に一本化されることになり、百葉箱は撤去されることになりました。

百葉箱設置駅は、御堂筋線:梅田駅、淀屋橋駅、天王寺駅、谷町線:天満橋駅、四つ橋線:西梅田駅、中央線:緑橋駅、千日前線:鶴橋駅、堺筋線:堺筋本町駅。


トミーテック 鉄道コレクション 地下鉄中央線開業50周年記念 大阪市交通局20系2両セット

3,150円
私鉄の車両(16)復刻版
私鉄の車両(16)復刻版
1,500円【送料無料】
万博前夜の大阪市営地下鉄 1,050円【送料無料】 地下鉄の謎と不思議 [ 谷川一巳 ] 1,680円【送料無料】


ラベル:梅田 天満橋
posted by レールブログ at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪市交通局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする