ダイエー楽天市場店    ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】

2013年04月16日

東北・上越新幹線 初代200系 引退

4月14日、東北・上越新幹線の初代車両200系が引退しました。引退を前に、高崎へ遠征取材し、定期運行最終日の200系を撮影して参りました(遠征取材が続いたため、遅ればせながらのレポートとなります。)。

130315_200系k47編成・高崎駅
▲オリジナルカラーの200系K47編成。上り「とき360号」(13:09発)。

200系新幹線は、 1982年(昭和57年)の東北・上越新幹線開業に際し製造された車両。0系に似た丸顔で登場しましたが、JR発足後には、100系に似たシャープなデザインの200系も登場し、2階建て車両も連結されました。

最後まで残った「K編成」グループは、1992年(平成4年)以降に製造された200系。1999年(平成11年)以降にリニューアル改造を施され、ボディカラーはE2系に準じたものに変更されましたが、2007年(平成19年)、東北新幹線25周年を記念して、K47編成が原色カラーに復元され、引退までその姿で走りました。

200系の東北新幹線での定期運行は、2011年11月に終了し、それ以降、上越新幹線のみでの運行となっていました。

130315_200_2.jpg
▲リニューアルカラーの200系。下り「とき331号」(16:27発)。

さて、定期運行最終日の3月15日。まず、本庄早稲田から一駅間、「たにがわ471号」(高崎ゆき)で200系(K51編成)に乗車。8時27分に高崎に到着し、その後、上り「とき308号」(9:05発)から上り「とき342号」(19:05発) まで高崎発着の200系を撮り続けました。

*
*

高崎駅では、東京駅程のフィーバーぶりはありませんでしたが、時間帯により数十人程度の撮影ファンが集まりました。

130315_200_3.jpg
▲上り「とき308号」(9:05発)

130315_200_4.jpg
▲下り「とき361号」(11:27発)

130315_200_5.jpg
▲E4系(右)と並んだ200系・上り「とき308号」(9:05発)。

原色のK47編成は、まず、上り「とき360号」(13:09発)で高崎に登場。そして、東京で折り返し、下り「とき327号」(15:03発)で再び高崎に。それから、新潟で記念行事を伴って発車した上り「とき342号」(19:05発)で三度高崎に。これが東京駅に着いて、折り返し定期運行ラストランとなるため、大フィーバーに。定期ラストの下り「とき347号」は大勢のファンに見送られて新潟へ出発したとのことです(カッコ内は高崎発時刻)。

130315_200_6.jpg

130315_200_7.jpg
▲上り「とき360号」(13:09発)(上2枚)。

130315_200_8.jpg
▲新潟で式典を伴って出発してきた上りとして定期運行最後の200系「とき342号」(19:05発)。

*

その後、引退日までの200系は、団体臨時列車として、東北・上越新幹線を走行。そして、4月14日、K47編成を使用し、上越新幹線を走った「さよなら200系」の運行をもって、200系は引退となりました。

130315_takasaki.jpg
▲高崎駅に展示されている上越新幹線開業30周年のパネル。

※写真は全て高崎駅で撮影。

トミックス JR 200系 東北新幹線大宮開業30周年記念 10両セット[Nゲージ鉄道模型] 24,570円【送料無料】 トミーテック 方向幕キーチェーン 200系東北・上越新幹線 739円
上越新幹線開業30周年ストラップ 200系新幹線(復刻塗装) 700円 ザ・ラストラン 200系新幹線[DVD] 1,000円【送料無料】

タグ:高崎 新幹線
posted by レールブログ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | JR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする