ダイエー楽天市場店    ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】

2013年11月04日

赤川鉄橋の歩道が閉鎖

10月31日、JR城東貨物線の「赤川鉄橋」の歩道部分が閉鎖になりました。閉鎖を前に、二度に渡り撮影して参りました。

131028_城東貨物線赤川鉄橋(淀川橋梁)・EF65
▲赤川鉄橋をゆく百済貨物ターミナルゆき貨物列車(10月28日撮影)。

通称「赤川鉄橋」(正式名称:淀川橋梁、全長:約610m)は、大阪の淀川に架かる珍しい鉄道と歩道の併用橋でした。1929年(昭和4年)に複線用の鉄橋として完成しましたが、貨物線は単線で開通し、空いたもう一線部分を大阪市が借り受けて、歩道の「赤川仮橋」(あかがわかりばし)として使われました。

131028_赤川鉄橋
▲踏切に面する北側。上流側に歩道が設置されている(10月28日撮影)。

131028_赤川鉄橋
▲貨物線の真横を通る木製の赤川仮橋(10月28日撮影)。

131031_城東貨物線赤川仮橋(淀川橋梁)・EF210
▲吹田貨物ターミナル方面ゆき貨物列車(10月31日撮影)。

それから、84年、地元住民や鉄道ファンに親しまれてきましたが、複線の旅客路線「おおさか東線」として整備されることとなり、10月31日をもって歩道部分が閉鎖されることになりました。

131028_赤川鉄橋
▲歩道閉鎖を告知する看板(北側)。歩道を管理する大阪市建設局とおおさか東線を建設する大阪外環状鉄道(株)の連絡先が記されている(10月28日撮影)。

131028_赤川仮橋
▲赤川仮橋に取り付けられている河川法許可標識板(10月28日撮影)。

131028_赤川鉄橋
▲北東側から見た赤川鉄橋の全景。全長は約610m。(10月28日撮影)

10月28日と最終日の31日に訪問しましたが、閉鎖目前とあって、両日とも撮影する人々で大にぎわいでした。特に31日は最後とあって、夜になっても撮影を続ける人が多くいました。

131028_赤川鉄橋
▲大いににぎわった閉鎖間際の月末(10月28日撮影)

131031_赤川鉄橋・EF65
▲最終日も多くの人が詰めかけた(10月31日撮影)。

131031_赤川鉄橋
▲歩道の真横に迫る貨物列車(10月31日撮影)。

赤川仮橋は、現在に至るまで木製で、木の温もりが昭和初期のノスタルジーを感じさせてくれました。数年前まで、床板も木製で、隙間から川が見えて、スリルがありましたが、現在では木の上に鉄板が張られ、歩きやすくなっていました。

131028_赤川仮橋
▲南側入り口と「赤川仮橋」の名標(10月28日撮影)。

131031_赤川仮橋
▲温もり感じる木製の分厚い手すり(10月31日撮影)。

131031_赤川仮橋
▲かつて隙間から川が見えた床面は、現在では鉄板が張られている(10月31日撮影)。

おおさか東線は、2008年に久宝寺−放出間が開業、現在、未開業区間の放出−新大阪間の工事が行われており、2019年春に開業する計画です。赤川仮橋の代替の橋は大阪市の財政難により建設中止となり、閉鎖後、歩行者は、約1km上流の菅原城北大橋を渡らなくてはならなくなりました。

131028_城東貨物線
▲赤川鉄橋北側の複線化工事状況(10月28日撮影)。

131028_城東貨物線
▲赤川鉄橋南側の複線化工事は、まだあまり手を付けられていない様子(10月28日撮影)。

131028_赤川鉄橋
▲赤川仮橋閉鎖後、歩行者は約1km上流に見える菅原城北大橋を利用しなくてはならなくなった(10月28日撮影)。

131031_城東貨物線赤川鉄橋(淀川橋梁)・EF65
▲百済貨物ターミナルゆき貨物列車(10月31日撮影)。

131028_城東貨物線赤川鉄橋(淀川橋梁)・EF210
▲吹田貨物ターミナル方面ゆき貨物列車(10月28日撮影)。

131028_赤川仮橋
▲オレンジ色のライトがともり始めた夕刻の赤川仮橋(10月28日撮影)。

131028_赤川鉄橋
▲赤川仮橋からは梅田のビル群も一望できた(10月28日撮影)。


トミックス JR EF65 2000形電気機関車(JR貨物更新車) [Nゲージ鉄道模型] 4,845円【送料無料】 甲種輸送 ひと味違う貨物列車
甲種輸送 ひと味違う貨物列車
1,280円【送料無料】
EF65形メモリアル
EF65形メモリアル
1,890円【送料無料】
トミックス JR EF210コンテナ列車セット 3両[Nゲージ鉄道模型] 6,858円【送料無料】


■関連記事
JRおおさか東線 部分開業
JRおおさか東線 西吹田駅(仮称)予定地周辺

posted by レールブログ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | JR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする