ダイエー楽天市場店    ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】

ピョンチャンオリンピック2018 テレビ各局テーマ曲

2017年09月28日

神戸市交通局 100周年記念”交通フェスティバル2017”

9月24日(日)に開催された神戸市交通局のイベント「交通フェスティバル2017in名谷車両基地〜B−FREE〜」に行って参りました。

170924_交通フェスティバルin名谷車両基地・斉藤雪乃

毎年、鉄道の日(10月14日)を前に開催されている恒例のイベントですが、今年は、市営交通100周年を迎えたということで、特別ゲストに関西を中心に活躍する鉄道タレントの斉藤雪乃さんを迎えるなど、より盛大に行われました。

神戸市営交通の始まりは、1917年(大正6年)8月1日の路面電車開業。それから数えて今年で100年となりました。市営バスは、1930年(昭和5年)に、市営地下鉄は、1977年(昭和52年)に開業しています。

170924_交通フェスティバルin名谷車両基地・ゆるキャラ
▲ゆるキャラも集合!

170924_交通フェスティバルin名谷車両基地・ゆるキャラ・北神弓子
▲左端は、北神急行のキャラクター「北神弓子」(きたがみきゅうこ)。

イベントでは、100周年特別メニューとして、100周年記念セレモニーや地下鉄西神・山手線を走る全4形式(乗り入れる北神急行車含む)を集めた車両写真撮影会が行われました。

170924_交通フェスティバルin名谷車両基地
▲車両写真撮影会のために集結した車両群。右から3000形、北神急行7000系、2000形、1000形。

また、午前には、名谷駅から会場の名谷車両基地まで、普段乗ることができない区間を走る100周年記念特別便を運行。事前に応募した来場客が乗車しました。これには、サプライズ車掌として斉藤雪乃さんが添乗したとのことです。

170924_交通フェスティバルin名谷車両基地・斉藤雪乃
▲神戸市交通局の制服姿で登場した特別ゲストの斉藤雪乃さん。

午後からは、斉藤雪乃さんのトークショーが行われました。まず、斉藤さんが聞き手となって、交通局高速鉄道部長との対談が行われ、阪神大震災後、地下鉄でどのような対応が行われたのかなどの話を聞くことができました。

対談の後は、斉藤さんのフリートーク。前日に一日乗車券を使用して、地下鉄・バスの旅をしたのだそうで、土・日曜・祝日限定運行の25系統・森林植物園ゆきのバスに乗ったという話などを披露していました。

170924_交通フェスティバルin名谷車両基地・斉藤雪乃

イベントでは他に、市電保存施設の公開やラッピングバス、ボンネットバスの展示、地下鉄洗車体験、地下鉄運転シミュレーター体験、グッズや部品の販売なども行われ、盛りだくさんの内容でした。

170924_交通フェスティバルin名谷車両基地・花バスデザインラッピングバス
▲100周年記念で今年12月頃まで運行中の花バスデザインラッピングバスも展示。第5回こうべまつり(1975年)に登場した花バスをモデルにデザインされている。

170924_交通フェスティバルin名谷車両基地・こべっこU世号
▲ボンネットバス「こべっこU世号」。保存されている往年のボンネットバス「こべっこ号」の走行可能なレプリカとして誕生し活躍している。

170924_交通フェスティバルin名谷車両基地・1000形・3000形
▲1000形と3000形が連結されていた。

170924_交通フェスティバルin名谷車両基地
▲整備中の車両を背景に鉄道模型を楽しむ子供たち。

170924_交通フェスティバルin名谷車両基地・ヘッドマーク
▲歴代ヘッドマークの数々(拡大 >>)。

170924_交通フェスティバルin名谷車両基地・神戸市電
▲市電保存施設も公開された。

170924_交通フェスティバルin名谷車両基地
▲停留所名の看板。

170924_交通フェスティバルin名谷車両基地
▲「さよなら神戸市電展」のポスター。神戸市電は、1971年(昭和46年)に全廃となった。


山陽電鉄・神戸電鉄・神戸市営地下鉄 街と駅の1世紀 [ 辻良樹 ] 1,998円【送料無料】 神戸市営地下鉄 写真集 山と海の街を走る電車 [ 奥田英夫 ] 1,944円【送料無料】
トミーテック 全国バスコレクション(JB006) 神戸市交通局 740円 神戸市交通局 (バスジャパン・ハンドブックシリーズ) 1,080円【送料無料】

ラベル:イベント
posted by レールブログ at 02:00| Comment(0) | 神戸市交通局 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする