ダイエー楽天市場店    ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】

ピョンチャンオリンピック2018 テレビ各局テーマ曲

2019年12月27日

阪急京都線・地下鉄堺筋線 相互直通運転50周年

12月6日、阪急京都線とOsaka Metro堺筋線が相互直通運転を開始して、50周年を迎えました。それを記念してヘッドマークを掲出している列車を撮影してきました。

191225_hankyu1.jpg
▲相互直通50周年ヘッドマークを掲出した阪急3300系(柴島・12月25日)。

大阪市営地下鉄(現 Osaka Metro)堺筋線は、昭和44年(1969年)12月6日に天神橋筋六丁目−動物園前間が開業。それと同時に、阪急京都本線・千里線との相互直通運転が開始されました。

当初から現在に至るまで、地下鉄車両は、阪急京都本線高槻市・千里線北千里まで乗り入れ。また、阪急車両は、堺筋線全線に乗り入れています(1993年、堺筋線動物園前−天下茶屋間延伸開業により、乗り入れ区間も延長)。

191225_hankyu2.jpg
▲ステッカーのヘッドマークを掲出したOsaka Metro66系(柴島・12月25日)。

両社は、相互直通50周年を記念し記念事業を展開しています。記念乗車券、記念グッズの発売やスタンプラリーなどが行われました。また、地下鉄66系(リニューアル車)を使用したイベント列車の運行も行われ、通常乗り入れない区間を含む天下茶屋−桂間を走りました。

191220_hankyu4.jpg
▲記念乗車券

191223_osakametro1.jpg
▲キャンペーンポスター(Osaka Metro南森町駅)

記念ヘッドマークは、両社共通でデザインで、相互直通開始時の両社車両(地下鉄60系・阪急3300系)と現在の新しい両社車両(地下鉄66系・阪急1300系)が描かれています。阪急車両は5編成に掲出、地下鉄車両は8編成に掲出しています。掲出期間は、11月2日(土)から12月29日(日)までです。

191217_hankyu5.jpg
▲ヘッドマークは両社共通デザイン。描かれている車両は、左から、地下鉄60系(2003年引退)、阪急3300系、地下鉄66系、阪急1300系。

191204_hankyu3.jpg
▲記念ヘッドマークを掲出した阪急1300系(茨木市・12月4日)

191219_osakametro2.jpg
▲Osaka Metro堺筋線各駅には、「開業&相互直通運転50周年」の幕が掲げられた(堺筋本町駅)。

阪急 京とれいん雅洛 展望編 梅田〜河原町 往復[ブルーレイ ] 4,007円【送料無料】 KATO 阪急電鉄9300系 基本セット(4両)[Nゲージ鉄道模型] 11,151円【送料無料】
大阪市営地下鉄運転席展望 堺筋線/御堂筋線/千日前線[DVD] 3,582円【送料無料】 マイクロエース 大阪市交通局60系(非冷房)6両セット[Nゲージ鉄道模型] 30,107円【送料無料】


■関連記事
阪急・地下鉄堺筋線 相互直通40周年記念列車(往路編)
阪急・地下鉄堺筋線 相互直通40周年記念列車(復路編)
posted by レールブログ at 10:55| Comment(0) | 阪急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

令和最初のゾロ目 和暦硬券切符を求めて・・

1が並んだ令和1年11月1日と11日。遠出をして、ゾロ目硬券切符を買って参りました。

191101_京都丹後鉄道・宮津駅
▲京都丹後鉄道(宮津駅)

平成の時代、元年から9年、そして、11年、22年と、幾年も買い集めたゾロ目の日の硬券切符。次は平成33年だと考えていたところ、改元を迎え、時代は令和に・・。

これはまた、ゾロ目切符を毎年のように買い集めるのに忙しくなるなと思いましたが、近年は、切符の日付を西暦表記に変更する鉄道会社が増えている模様。硬券はどうかと調べてみますと、同様に西暦表記が増えていることが分かりました。

191111_伊勢鉄道・河原田駅
▲伊勢鉄道(河原田駅)

令和の時代は、もうゾロ目は無理かとあきらめかけましたが、事細かに調べることにより、我が関西周辺にも元号(和暦)表記で硬券を発売している鉄道会社がまだ複数あることが分かりました。そこで大阪から遠方ながら、旅に出て買いに行くことにしました。

●令和1年11月1日
和暦の硬券を求めて、まず、11月1日は、京都丹後鉄道へ。丹鉄では、有人駅の全ての駅で硬券の入場券や乗車券、特急券を発売しています(窓口営業時間に限る)。

通常は、スタンプにより、日付が押されるのですが、旧来のダッチングマシーンの設置駅では、希望すれば、それを使って印字してもらえます。

191101_京都丹後鉄道・硬券入場券

当初、旅費節約のため福知山駅のみで購入予定でしたが、通常のスタンプによる日付表記では、「01.11.−1」と、年の所に0が付いてしまうことが判明。0が付くとゾロ目が価値が目減りするなと考え、丹鉄はやめようかと思いましたが、ダッチングマシーンなら0が付かないことが分かり、マシーン設置駅まで足を延ばすことにしました。

191101_京都丹後鉄道・硬券入場券

ダッチングマシーン設置駅は、宮津駅、天橋立駅、与謝野駅、峰山駅、網野駅、久美浜駅(2019年5月1日時点)。そのうち、天橋立駅と宮津駅に出向きました。しかし、ダッチングマシーンの老朽化により、きれいに印字されず、結局は、スタンプの券も合わせて買うことになりました。

191101_京都丹後鉄道・硬券入場券・乗車券

ダッチングマシーンはもう製造されてなく、現在残っているものを使うしかありません。駅員さんの話によると、網野駅のマシーンは、まだきれいに印字できるとのこと。

●令和1年11月11日
11月11日は、1がより多く並ぶということで、記念入場券を発売する鉄道会社が続々出てきました。これぞ待っていたこと。その中から、伊賀鉄道に買いに行くことにしました。

191111_伊賀鉄道・1並びの日記念入場券セット

Aセット(上野市駅・伊賀神戸駅)とBセット(忍者市駅・茅町駅)があり、どちらかというとAセットが希望でしたが、Aセットは事前にイベントで発売され、もう売り切れていました。Bセットは、11日から上野市駅で発売。午前中に訪問しましたが、先に年配の方2人が購入するところを見ましたが、特に行列などはなく、まだ余裕があったようです。

191111_伊賀鉄道・硬券入場券

他に、11月11日の記念硬券入場券・乗車券を発売したのは、和歌山電鐵、近鉄(伏屋駅のみ)、JR四国、水島臨海鉄道、井原鉄道、くま川鉄道、えちごトキめき鉄道、上田電鉄、伊豆箱根鉄道、関東鉄道、山形鉄道。

なお、伊賀鉄道で通常発売されている硬券入場券は、西暦表記です。

そして、さらには、伊勢鉄道にまで足を延ばしました。普段から鈴鹿駅で、硬券の入場券、乗車券、特急券を発売(窓口営業時間に限る)。また、津駅では、硬券の乗車券を発売しています(近鉄窓口)。今回は、鈴鹿駅にて入場券と乗車券を購入。こちらのダッチングマシーンは、きれいに印字されました。

191111_伊勢鉄道・硬券入場券・乗車券

また、切符ではありませんが、津中央郵便局に立ち寄り、1並びの日の記念押印をいただきました。記念押印をいただくには、切手を買って台紙に貼り、そこに押していただく必要がありますが、何かふさわしい切手をと伺うと、ちょうど良い「令和元年」の文字が入った切手シートを出していただきました。

191111_tsuchuo.jpg


ビコム ブルーレイ展望 北近畿タンゴ鉄道全線 西舞鶴〜豊岡・宮津〜福知山[Blu-ray] 6,854円【送料無料】 ギリギリ展望シリーズ 伊賀鉄道200系 新型青忍者[DVD] 3,263円【送料無料】
国鉄硬券切符栞 上越新幹線(大宮発特急券タイプ) 480円 JR公認 車両型ラバーパスケース JRコンテナ18D形 1,430円

クリック一ひとつで旅に出よう!(楽天トラベル) 日本最大級!大阪の高速バス予約(楽天トラベル)
鉄道模型・鉄道DVDも・・Joshin web 家電とPCの大型専門店

■関連記事
平成22年2月2日記念入場券
平成22年2月22日記念入場券
posted by レールブログ at 23:50| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする