ダイエー楽天市場店    ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】

ピョンチャンオリンピック2018 テレビ各局テーマ曲

2009年04月23日

阪神なんば線 開業(3)

3月20日に開業した阪神なんば線のレポート。九条駅に続いては、ドーム前駅と桜川駅をご紹介いたします(取材日:開業当日)。

090320_ドーム前駅
▲ドーム前駅はその名の通り京セラドーム大阪の目の前。

●ドーム前駅
京セラドーム大阪に隣接する地下駅。地下通路で地下鉄長堀鶴見緑地線ドーム前千代崎駅に連絡しています。

京セラドームでのイベント終了時にお客が集中しても対応できるようにホーム(地下5階)の1つ上の階(地下4階)にサブコンコースを設けています。ホームには開放的な大きな吹き抜け空間があります。

090320_ドーム前駅
▲本物のレンガが積み上げられたコンコースの壁面。

かつて、この地にあった大阪ガスの工場がレンガ造りであったことから、ホーム階と地下4階の壁面はレンガが使用されています。

このレンガは壁面の表面に貼り付けたようなものではなく、実際に本物のレンガを職人が1つ1つ積み上げたものだということです。その数は約16万個とのこと。

090320_ドーム前駅
▲ホーム階のレンガ壁とユニークなベンチ。

090320_ドーム前駅
▲吹き抜けで開放的なドーム前駅のホーム。

●桜川駅
注目のおしゃれスポット堀江の最寄り駅。地下鉄千日前線桜川駅とは地下通路で連絡。また、地上では南海高野線(汐見橋線)汐見橋駅に連絡しています。

090320_桜川駅
▲桜川駅のホーム階壁面は上りと下り側でデザインが異なる。

南海汐見橋線は30分に1本しか走らない都会のローカル線です。阪神の駅の仮称は南海と同じ「汐見橋」でしたが、正式駅名は地下鉄と同じ「桜川」が採用されました。

090320_南海汐見橋駅
▲南海汐見橋駅(右)に隣接して設けられた桜川駅の地下出入り口(左)。

隣の近鉄大阪難波駅にあった引き上げ線3本のうち2本が阪神なんば線の本線になったため、新たな引き上げ線2本がこの桜川駅の西方に設けられました。大阪難波止まりの近鉄車両がこの引き上げ線を使って折り返します。特急車両など阪神線に非対応の近鉄車両もこの1駅間に乗り入れて引き返すことになっています。

また、阪神と近鉄の乗務員交代は境界駅の大阪難波駅ではなく、この桜川駅で行われます。

090320_桜川駅・引き上げ線
▲ホームからわずかに見える桜川駅の近鉄車用引き上げ線。

090320_nambasen25.jpg
▲桜川駅には改札外からホームと列車が見えるスポットがある。

090320_桜川駅前
▲開通を迎えても桜川駅前の地上にはまだ工事の大きな穴が開いている。


阪神電鉄物語
阪神電鉄物語
著者: 岡田久雄

1,050円
関西圏通勤電車徹底批評(下) 1,575円【送料無料】 9300系阪神・山陽直通特急 大阪ライナー(山陽姫路〜阪神梅田)運転室展望(DVD) 3,045円
近鉄特急奈良線(難波→奈良)運転室展望(DVD) 3,864円 グリーンマックス 近鉄5800系L/Cカー6輛編成トータルセット(新塗装)[Nゲージ鉄道模型] 14,280円 近鉄難波・大阪全国駅名キーホルダー(予約) 525円


■関連記事
阪神なんば線 開業(1)
阪神なんば線 開業(2)
阪神なんば線 まもなく開業
近鉄も準備着々 まもなく阪神と相互乗り入れ開始
posted by レールブログ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック