ダイエー楽天市場店    ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】

東京2020オリンピック テレビ各局テーマ曲

2020年11月17日

京阪京津線 パステルブルーの800系 運行終了

11月10日、塗装変更が進む京阪京津線800系の最後に残った原色編成の運行が終了しました。運行終了前日と当日の2日間に渡り、撮影して参りました。

201109_京阪800系・大谷駅
▲デビュー以来、23年間親しまれたパステルブルーの800系(大谷駅・11月9日)。

京津線は、滋賀県大津市のびわ湖浜大津駅と京都市の御陵駅を結ぶ路線。1997年10月まで、京津線は浜大津−京津三条(京都市)間を結んでいましたが、御陵−三条間が廃止になり、それに代わって開通した京都市営地下鉄東西線に乗り入れることになりました。

800系は、京都市営地下鉄東西線への乗り入れに対応する車両としてデビュー。路面区間、山岳区間、地下鉄区間を走るため、それぞれに対応すべく、多彩な機能を備えた車両であるのが特徴です。

201109_京阪800系
▲びわ湖浜大津−上栄町間の併用軌道をゆく800系(11月9日)。

ボディカラーは、琵琶湖の水面をイメージしたパステルブルーと日本の伝統色である灰白、刈安(黄)の3色を用いたもので、デビュー以来約20年、このカラーで親しまれてきました。

しかし、2017年3月、緑を基調とした京阪のコーポレートカラーに塗り替えられることが発表。それから、徐々に塗装変更が進み、2020年7月からは、残り1編成となっていました。

原色ボディカラーは、琵琶湖にふさわしく、とても明るく、さわやかなカラーであり、レールブログ個人としても、大変好きなカラーでした。同様に、このカラーのファンは多く、大変惜しまれつつ消えていくことになります。

運行終了前日と当日は、ほぼ1日を通して走る運用に就き、沿線には、至る所に撮影ファンの姿が見られました。

201110_京阪800系
▲びわ湖浜大津駅手前の直角カーブを曲がる800系(11月10日)。

201110_京阪800系
▲4両編成の800系が併用軌道を走る姿は、なかなかの迫力(びわ湖浜大津−上栄町・11月10日)。

201110_京阪800系・大谷駅
▲山あいの大谷駅に停車中の800系・太秦天神川ゆき(11月10日)。

201110_京阪800系
▲夕暮れ時の山あいをゆく800系・太秦天神川ゆき(大谷−追分・11月10日)。

201110_京阪800系
▲地下線から駆け上がる800系。1997年の地下鉄東西線開通時は、この付近で線路切り替え工事が行われた(御陵−京阪山科・11月10日)。

201110_京阪800系
▲併用軌道から専用軌道へと入る800系。電車用信号の矢印が点灯している(びわ湖浜大津−上栄町・11月10日)。

【動画】YouTubeレールブログチャンネル 11月10日のラストラン、びわ湖浜大津駅20時23分到着後、錦織車庫へ回送されました。石山坂本線三井寺駅通過の模様・・


京阪電鉄、叡山電鉄、京福電鉄(嵐電) 1世紀の写真記録 [ 高橋 修 ] 2,035円【送料無料】 京阪800系 旧塗装旧マーク 4両セット[Nゲージ鉄道模型] 18,117円


ラベル:大谷
posted by レールブログ at 07:00| Comment(0) | 京阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。