ダイエー楽天市場店    ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】

ピョンチャンオリンピック2018 テレビ各局テーマ曲

2018年03月14日

阪急・神戸地下鉄 相互乗り入れは、長田または板宿接続で

昨年10月下旬、神戸市長選で、阪急神戸線と神戸市営地下鉄西神・山手線の相互乗り入れの検討を公約に掲げていた久元喜造氏が再選を果たしたことで、相互乗り入れの本格検討が進められることになりました。

しかし、この構想は、巨額の事業費がかかる上、従来の利便性が失われることになる神戸三宮駅付近で両線を接続することを基本としており、その方針には大きな疑問が残ります。

140814_阪急神戸線・神戸三宮駅
▲神戸の街によく馴染むマルーンカラーの阪急電車。81年前、地下線での開業を要請する神戸市と対立したが、阪急は高架線での開業を主張し続け、現在の姿となった(2014年8月撮影)。

2005年頃、阪急電鉄は、神戸線の神戸三宮駅付近を地下化し、神戸市営地下鉄西神・山手線と相互直通運転をする構想を神戸市に提案しました。当初、神戸市は、難色を示していましたが、近年は両者で話し合いが進められているようです。

神戸市が難色を示していた理由は、約1,000億円もの事業費の一部負担が求められること。また、地下鉄の運行系統が三宮駅で分断され、三宮−新神戸間の運行本数を削減せざるを得なくなること。さらには、三宮駅が直通となると、街のにぎわいに影響が出るのではないかという懸念がありました。

しかし、神戸市は今、人口減少に悩んでおり、西神ニュータウンと大阪を直結して利便性を向上させ、人口減少対策につなげたい考えです。一方、阪急は、西神ニュータウンの乗客を取り込んで神戸線の乗客増につなげたい考えで、利害が一致。本格検討が進められることになりました。

171031_阪急神戸高速線
▲神戸高速線の地下線から神戸三宮駅へと上る阪急梅田ゆき特急。

●阪急沿線から新開地方面が不便に
現在、阪急は特急を神戸高速線の新開地駅まで乗り入れ、山陽電鉄方面への列車に同一ホームで乗り換えられるようになっています。

戦後復興計画の中で生まれた神戸高速線は、阪急、阪神、山陽が同一レール上でつながるという大いに利便性を追求した画期的な路線です。新開地駅では、神戸電鉄とも改札内で乗り換えられるようになっています。

しかし、西神・山手線との相互乗り入れが実現すると、阪急は神戸高速線への乗り入れをやめ、神戸三宮−高速神戸間を廃止にする方針です。こちらよりも、西神ニュータウンのアクセスである西神・山手線との直通に一本化し、地下鉄の乗客を取り込みたいという思惑です。

140814_阪急神戸高速線花隈駅
▲廃止される可能性がある神戸高速線花隈駅。

山陽電鉄は、神戸高速線を介し、阪神電鉄と相互乗り入れし直通特急を運行しているので、海側は阪神−山陽に任し、山側は、阪急−西神・山手線が担えば良いという考えのようです。

しかし、そのように分離してしまうと、京都や宝塚まで及ぶ阪急沿線から都心の高速神戸・新開地方面や山陽電鉄方面のアクセスが不便になってしまいます。西神方面から大阪へのアクセスは便利になりますが、阪急沿線の乗客にとって、西神方面へ直通することの重要さはあまり感じられません。それよりも神戸の都心を貫通している方が便利です。

140828_神戸高速線新開地駅
▲阪急電車から姫路方面への山陽電車に同一ホームで乗り換えができる神戸高速線新開地駅。

都心への直通がなくなると、阪急沿線の乗客が三宮以遠へ、例えば神戸ハーバーランドへ行くには、これまで直通する特急で高速神戸駅へ行けば良かったものが、梅田や三宮でJRか阪神に乗り換える必要が生じてしまいます。

どちらかと言えば、京阪神に一大ネットワークを持つ阪急と、神戸−姫路間の長大路線を持つ山陽が、神戸都心を横断する神戸高速鉄道を介してつながっていることの方が各拠点都市間の連携ができており、大事なのではないでしょうか。

●高速長田駅付近接続で最大限便利に
しかし、どちらかを選ばなければならないという必要はなさそうです。山陽−神戸高速−阪急の接続を維持したまま、西神・山手線との接続を実現することは可能です(2005年・「レール・オピニオン」サイトにも記述)。

神戸高速線高速長田駅の西側では、西神・山手線と交差している箇所があり、ここに短絡線を造れば接続が可能です。何とも都合が良いことに、この角に公共施設(消防署と区役所)がありますので、地下権が利用しやすく、事業費も少なくて済みそうです。


これにより、現在、神戸高速線の新開地駅で折り返している阪急の運行区間を延長し、西神方面へ乗り入れさせることができます。また、西神・山手線から新開地駅、高速神戸駅へ出るのが便利になり、そこを経由して阪急だけでなく阪神方面へも便利になります。あわよくば、阪神への乗り入れも実現できます。

神戸高速線内においては、西神・山陽−阪急・阪神の各方面の乗り換えが同一ホームで行えるようになります。

140814_高速長田駅付近
▲地下で神戸高速線と西神・山手線が交差する高速長田駅西側の交差点。ここに短絡線を造る案が考えられる。角地は偶然にも公共施設。(2014年8月撮影)

西神乗り入れ構想が考え出された当時は、阪急・阪神の経営統合前だったため、阪神方面へも便利になることは、都合が悪かったかも知れませんが、今はグループ会社ですので、構わないはずです。

三宮で接続する場合は、阪急を一駅手前の春日野道駅付近から地下化する必要があり、巨額の事業費が見込まれていますが、この短絡線なら最低限の事業費で済むはずです。最低限で済む上、より便利になるなら、こちらを選ばない手はありません。工期も短くて済み、早期に相互乗り入れが実現できるのではないでしょうか。

●板宿駅付近接続で運行時間短縮のメリットも
もう一箇所、さらに西方の板宿駅付近でも両線は交差していますが、ここは神戸高速線(運営会社は阪急系)を出て、山陽電鉄線内となりますので、権利関係が難しくなってしまいます。また、ここに短絡線を造ると、現在の板宿駅の位置では、駅に停車できなくなってしまいます。

ただ、神戸高速線の西端の西代駅から県道21号線の下を西へ直進し、西神・山手線板宿駅南側で接続すると、山陽電鉄に乗り入れることなく接続が可能で、板宿駅にも停車できます。この場合、高速長田駅付近より短絡線が長くなってしまうのですが、春日野道−神戸三宮間を地下化するよりかは、約半分の距離(約0.9km)で済みます。

また、板宿で接続の場合、西神・山手線がJR新長田駅へ迂回する手前の地点となるため、所要時間の短縮が図れる上、阪急側の肩を持てば、JRにお客が逃げる前に取り込むことができるというメリットがあります。


140814_太田町交差点
▲地下に西神・山手線が通る太田町交差点(板宿駅南側)。ここに西代駅から延びる短絡線を接続する案が考えられる。(2014年8月撮影)

これら短絡線の場合、阪急神戸三宮駅は高架駅のまま残すことができ、車窓に神戸の街並みを現在と同様に見ることができます。その視覚効果により、神戸三宮の街をPRすることができ、降りてみたいという印象を与えられます。それにより、神戸市が懸念していたにぎわいの目減りの懸念が払拭できるのではないでしょうか。

また、三宮で接続の場合、手狭な西神・山手線三宮駅に折り返し線の整備が困難で、新神戸(谷上)−三宮間の列車の処理に困るところでしたが、長田や板宿短絡線の場合、基本的な運行系統を新神戸−名谷と阪急梅田−西神中央(特急)とすればうまくいくでしょう。

名谷駅は2面4線あるので、同一ホームで乗り換えることができます。また、折り返し線も備えていますので、新たに整備する必要がありません。

171031_神戸市営地下鉄 西神・山手線 名谷駅
▲2面4線の設備を持つ西神・山手線名谷駅。ここで、新神戸からの普通列車と阪急梅田からの特急列車を連絡する案が考えられる。

171031_神戸市営地下鉄 西神・山手線 名谷駅
▲名谷駅には、車庫への入庫線を兼ねた折り返し線も備えている。

●三宮開発で収益を上げたい阪急
阪急が三宮での地下鉄接続にこだわるのは、線路跡地を開発して収益を上げたいからなのでしょう。現在、神戸三宮駅の新駅ビル(高さ120m)の建設が始まっていますが、それは、線路にかからない部分での建設になっています。

それに加え、線路を地下化して駅跡部分にも高層ビルを建てると、より収益を上げることができます。表向き、「三宮の活性化」と表現していますが、収益を上げたいという思惑が見え隠れしています。

約1,000億円の事業費のうち、3分の2は税金が投入されます。短絡線の例のように最低限の事業費で行える箇所があるにも関わらず、阪急の商売の都合により、多額の税金を使って事業を行われるということがあって良いのでしょうか。

ホーム幅が狭い春日野道駅を広い地下駅とすることで安全性向上が図れるとしていますが、それは現在の駅にホームドアを設置することで対処できることでしょう。

180613_神戸阪急ビル東館工事
▲阪急神戸三宮駅に隣接して建設工事が進む神戸阪急ビル東館。

近頃は、春日野道駅よりさらに一駅手前の王子公園駅付近から地下化して、よりたくさん商業用地を捻出したいという考えも出し始めています。しかし、無理に鉄道用地から捻出しなくても、周辺に多い雑居ビルなど買収して、再開発することも阪急ならばできることでしょう。

そんな阪急の都合により、鉄道ネットワークが左右され、利便性が最大限に発揮できないということには、なってほしくありません。

また、三宮では、JR三ノ宮駅ビルの建て替えや駅南東地区での高層ツインタワーの建設なども計画されており、これ以上開発すると、オーバーストア(供給過剰)状態になる懸念もあるのではないでしょうか。

神戸市長や担当部局には、しっかり計画内容の精査を、そして、市議会にも、しっかりチェックしていただき、より多くの利用者が納得できる方策を導き出していただきたいと思うところです。

※近頃の一部報道では、三宮接続案の他、新神戸、長田、板宿接続案も検討されていると報じられています。


楽天ブックス 全品送料無料!

■関連記事
阪急社長、未だなお神戸地下鉄乗り入れの方針変えず
(2006年)
阪急神戸線・神戸地下鉄 乗り入れは、神戸高速鉄道経由で(レール・オピニオン・2005年)

―――2018年9月10日 追記―――
神戸阪急ビル東館工事の写真(上から9枚目)を追記しました。
posted by レールブログ at 01:30| 阪急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

まもなくラスト 阪急”ワンハンドル運転台40周年記念列車”

阪急電鉄のまもなく運行を終える「ワンハンドル運転台車両導入40周年記念列車」を撮影してきました。

160311_hankyu1.jpg
▲ワンハンドル運転台車両導入40周年記念列車(3月11日・芦屋川)。

同列車は、1975年(昭和50年)にデビューした2200系、6300系からワンハンドル運転台が導入されて、2015年で40周年を迎えたのを記念して、昨年10月1日から神戸線・今津(北)線で運行。まもなく3月23日頃に運行が終了します。

160311_hankyu2.jpg
▲旧2200系の6000系先頭車にHマークを復刻(3月11日・夙川)。

試作車両として1編成のみ製造された2200系は、現在、6000系に編入されていますが、記念列車は、両先頭車が旧2200系の6050編成(中間車は7000系)を使用。

160226_hankyu3.jpg
▲2200系が描かれたヘッドマーク。

先頭には、ヘッドマークを掲出(1月8日にデザイン変更)、側面には、ワンハンドル運転台車両の象徴だった「Hマーク」と、旧社章がステッカーにて復元(現社章は撤去)されています。

160311_hankyu4.jpg
▲Hマークと共に旧社章も復元された。

160226_hankyu5.jpg
▲屋根の白色はご愛敬だが、往年の懐かしい姿が甦った側面(梅田・2月26日)。

160226_hankyu6.jpg
▲現在、神戸線では、3月19日ダイヤ改正のPRヘッドマーク掲出列車が多数運行中(西宮北口・2月26日)。

160311_hankyu7.jpg
▲「さくらの阪急電車 リラックマ号」も運行中(芦屋川・3月11日)。


阪急電鉄のひみつ
阪急電鉄のひみつ
1,645円【送料無料】
HANKYU MAROON WORLD 阪急電車のすべて2010 2,571円【送料無料】 阪急電鉄昭和の記憶 [ 中西進一郎 ] 1,944円【送料無料】
栄光の車両たちと阪急の100年 10枚組 (マルーン車両の変遷と阪急電鉄の100年の歴史) 1,800円
超特価56%引き!収録時間6時間10分の超大作!
ビコム 阪急電鉄プロファイル 改訂版[BD] 4,492円【送料無料】
能勢電鉄の前面展望映像を収録!
バンダイ Bトレインショーティー 阪急電鉄8200系. 1,296円


posted by レールブログ at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

阪急2300系 まもなく引退

阪急2300系が、まもなく3月22日に引退します(取材日:2月20日・3月17日)。

150317_hankyu9.jpg
▲引退記念装飾で運行されている2300系(上新庄・3月17日)。

阪急2300系は、1960年(昭和35年)に、神戸線用の2000系の京都線版として登場。2000系とともに、現在の阪急車両デザインの基本となった車両です。

150220_hankyu2.jpg
▲千里線運行に就く2300系(左・淡路・2月20日)。

当時の最新技術を採用し、回生ブレーキ付きの定速制御を装備していたことから、2000系とともに「オートカー」と呼ばれていました。1961年(昭和36年)には、第1回鉄道友の会ローレル賞を受賞しています。

デビュー当時は、1964年(昭和39年)から2300系をベースとして製造された特急専用車2800系がまだ登場していなかったため、普通・急行にとどまらず特急運用にも就いていました。

150220_hankyu1.jpg
▲準急運用に就く2315編成(西山天王山・2月20日)。

1981年(昭和56年)以降、旧来の車両の冷房改造とともに表示幕化改造が行われることになり、2300系もその対象となりました。その結果、一部の編成を除き、多くの編成が表示幕化とともに標識灯の移設が行われ、前面デザインが大きく変わりました。

車体幅は、3300系以降の京都線規格が確立する以前の車両のため、他の多くの京都線用車両より100mm狭く、スリムな見栄えが印象的な車両でした(ただし、後年、側扉にステップを設置したため、実際の車体幅は2,808mmと他の京都線車両に近い寸法になっている。)。

150317_hankyu10.jpg
▲京都・北千里側は特急標識板に似たデザインのヘッドマーク(山田・3月17日)。

引退を前に、2月20日(金)からは記念装飾列車を運行。3月20日(金)には定期運行が終了します。そして、3月22日(日)には、貸切イベント列車が運行され、引退となります。

記念装飾列車は、2313編成にヘッドマークを掲出。また、コーポレートマークを撤去の上、旧社章をステッカーで復元。コーポレートマークが登場した1992年以前の姿をイメージさせる側面となっています。

150220_hankyu3.jpg

150317_hankyu12.jpg
▲北千里で折り返し普通梅田ゆきとなった2300系。地下鉄乗り入れ非対応のため、天下茶屋ゆきにはならない(3月17日)。

150220_hankyu4.jpg
▲ステッカーで見事に復元された旧社章。

150317_hankyu13.jpg
▲運転室の機器類が撤去され、中間車化された先頭車。

150220_hankyu5.jpg
▲どことなく古風に感じる乗務員室ドア。

150220_hankyu6.jpg
▲昭和38年、ナニワ工機製造の表記。ナニワ工機は阪急の全車両を製造していたアルナ工機の旧社名。

150317_hankyu14.jpg
▲スピードメーターがデジタル化換装されている運転台。

150220_hankyu7.jpg
▲乗降扉周辺もどことなく古風に感じる寸法。

150317_hankyu15.jpg
▲最後まで残った広幅貫通路。

150220_hankyu8.jpg
▲広幅から狭幅に改造された貫通路。

150317_hankyu11.jpg
▲梅田付近をゆく2300系(車内から撮影・3月17日)


阪急電鉄のひみつ
阪急電鉄のひみつ
1,645円【送料無料】
HANKYU MAROON WORLD 阪急電車のすべて2010 2,571円【送料無料】 阪急電鉄昭和の記憶 [ 中西進一郎 ] 1,944円【送料無料】
栄光の車両たちと阪急の100年 10枚組 (マルーン車両の変遷と阪急電鉄の100年の歴史) 1,800円
超特価56%引き!収録時間6時間10分の超大作!
ビコム 阪急電鉄プロファイル 改訂版[BD] 4,492円【送料無料】
能勢電鉄の前面展望映像を収録!
バンダイ Bトレインショーティー 阪急電鉄8200系. 1,296円


■関連記事
阪急6300系 特急引退記念運行


―――3月22日 追記―――
定期運行最終日の2300系の写真を追掲載いたします。

150320_hankyu16.jpg
▲定期運行最終日の2300系・普通北千里ゆき(豊津−関大前間・3月20日)

150320_hankyu17.jpg
▲定期運行最終日の2300系・普通梅田ゆき(関大前−豊津間・3月20日)

posted by レールブログ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

まもなくラスト 阪急”宝塚歌劇トレイン”

まもなく運行を終える阪急の「宝塚歌劇トレイン」を撮影してきました。

141209_宝塚歌劇トレイン・9000系
▲宝塚線の9000系「宝塚歌劇トレイン」(岡町・12月9日)。

「宝塚歌劇トレイン」は、宝塚歌劇100周年を記念し、3月21日から宝塚線と今津線で運行されているラッピング列車です。まもなく12月24日で運行が終了します。

141219_宝塚歌劇トレイン・9000系
▲普通運用で梅田駅に入線する9000系「宝塚歌劇トレイン」(12月19日)。

141219_宝塚歌劇トレイン・7000系
▲今津線の7000系「宝塚歌劇トレイン」(逆瀬川・12月19日)。

141203_宝塚歌劇トレイン・9000系
▲シンプルながらもエレガントかつダイナミックなデザイン(雲雀丘花屋敷・12月3日)。

宝塚線では、9000系9009編成、今津線では7000系7001編成を使用。先頭車両には、100周年のヘッドマークを掲出し、側面に宝塚歌劇を象徴する大階段とダンスシーンがデザインされたラッピングが施されています。中間車両には、100周年のロゴが配されています。

141209_宝塚歌劇トレイン・9000系
▲「宝塚歌劇トレイン」のヘッドマークはゴールド(梅田・12月9日)。

141203_宝塚歌劇トレイン・9000系
▲タカラヅカの象徴「大階段」をデザインしたラッピング(宝塚・12月3日)。

141209_宝塚歌劇トレイン・9000系・7000系
▲先頭車の100周年文字(左・9000系)と中間車の100周年ロゴ(右・7000系)。

車内の広告枠は、宝塚歌劇のポスター一色になっています。また、9000系車内のモニターでは、トップスターの舞台映像が流されています。

141209_宝塚歌劇トレイン・9000系
▲車内は、宝塚歌劇のポスター一色。

141209_宝塚歌劇トレイン・9000系
▲過去の名作を紹介するポスター。

141219_宝塚歌劇トレイン・9000系
▲9000系に搭載の車内ディスプレイにも舞台映像が流されている。

ラッピング列車以外の一部編成でも、宝塚歌劇100周年のヘッドマークとステッカーを掲出した列車があり、宝塚線のほか、神戸線、京都線でも運行されています。宝塚歌劇トレインのヘッドマーク・ステッカーは金色ですが、他の列車のヘッドマーク・ステッカーは白色となっています。

141212_7000系
▲宝塚歌劇100周年ヘッドマークを掲出した7000系(梅田・12月12日)。

141209_8000系
▲ラッピング列車以外の100周年ヘッドマークは白色(梅田・12月9日)。

141209_8000系
▲ステッカーもラッピング列車以外は白色(雲雀丘花屋敷・12月9日)。

141219_宝塚歌劇トレイン・7000系
▲宝塚大劇場をバックに・・今津線の「宝塚歌劇トレイン」(宝塚−宝塚南口・12月19日)。


141219_宝塚歌劇トレイン・7000系
▲武庫川橋梁でサイドビューを狙って・・(宝塚南口−宝塚・12月19日)。


阪急電鉄のひみつ
阪急電鉄のひみつ
1,645円【送料無料】
HANKYU MAROON WORLD 阪急電車のすべて2010 2,571円【送料無料】 阪急電鉄昭和の記憶 [ 中西進一郎 ] 1,944円【送料無料】
栄光の車両たちと阪急の100年 10枚組 (マルーン車両の変遷と阪急電鉄の100年の歴史) 1,800円
超特価56%引き!収録時間6時間10分の超大作!
ビコム 阪急電鉄プロファイル 改訂版[BD] 4,492円【送料無料】
能勢電鉄の前面展望映像を収録!
バンダイ Bトレインショーティー 阪急電鉄8200系. 1,296円


■関連記事
まもなくラスト”阪急電鉄100年ミュージアム号”
阪急 映画「阪急電車」ヘッドマーク付き列車

posted by レールブログ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

阪急京都線新駅「西山天王山駅」 建設工事中

阪急京都線に建設中の新駅・西山天王山駅の建設現場を見て参りました(取材日:5月1日)。

120501_阪急西山天王山駅 建設現場・9300系
▲新駅建設現場をゆく通勤特急梅田ゆき(9300系)。

西山天王山駅は、阪急京都本線の長岡天神−大山崎間に設置される新駅(長岡天神駅から1.5km、大山崎駅から2.5kmの地点)。同線と交差する京都第二外環状道路(建設中)の高架下に建設されます。

120501_阪急西山天王山駅 建設現場
▲西側から見た新駅建設現場。まだ駅舎の形はない(左が京都方)。

120501_阪急西山天王山駅 建設現場

当初は、「南長岡天神」駅の仮称で呼ばれていましたが、今年3月30日に正式名称が「西山天王山」駅と発表されました。豊かな自然が残る「西山」と呼ばれる地域にあり、また「天下分け目の天王山」として知られる「天王山」があることから、地域性や歴史を表現し、この駅名にしたということです。

120501_阪急西山天王山駅 建設現場
▲新駅建設現場(左が京都方)をまたぐ京都第二外環状道路の高架。

120501_京都第二外環状道路(にそと・京都縦貫自動車道) 建設現場
▲山手(西)へ延びる京都第二外環状道路の高架(後方が新駅)。

駅構造は、地平駅、相対式ホームで、ホーム間地下通路が設けられます。改札口は、東西各1ヵ所に設置され、東西双方に駅前広場が整備されます。周辺には、駐輪場のほか、パークアンドライド促進のため、駐車場も設置されます。

120501_阪急西山天王山駅 建設現場
▲西南側から見た新駅建設現場(奥が京都方)。

120501_阪急西山天王山駅 建設現場
▲調子踏切道(大阪方)から見た新駅建設現場。ホームの鉄骨が見える(下写真も同じ)。

120501_阪急西山天王山駅 建設現場

取材時点では、まだホームの地盤が姿を現したところで、駅舎の形は、まだありませんでした。周辺は天王山に程近い住宅地で、駅のすぐ近くには京都第二外環状道路の長岡京IC(仮称)が設置される予定になっています。

120501_阪急西山天王山駅 建設現場
▲南東側から見た新駅。この付近には東西自由通路も造られる(奥が京都方)。

120501_阪急京都線 調子踏切道
▲調子踏切道。この右側(京都方)に隣接して新駅が建設されている。

120501_阪急西山天王山駅 建設現場
▲東側から見た新駅と京都第二外環状道路の建設現場。駅前広場は道路の高架下に整備される(右が京都方)。

開業時期は、京都第二外環状道路(2012年度末開通予定)建設工事の関係で、当初予定(2012年度末)より遅れ、2013年度下半期中となっています。


【地図】西山天王山駅
住所:京都府長岡京市友岡4丁目


バンダイ Bトレインショーティー 阪急9300系(2012年8月発売) 900円 栄光の車両たちと阪急の100年 DVD10枚組セット[DVD] 3,990円【送料無料】
HANKYU MAROON WORLD(マルーンワールド) 2010 −阪急電車のすべて− 2,500円【送料無料】 35年間、ありがとう。阪急電鉄 京都線 6300系[DVD] 3,419円【送料無料】

ラベル:新駅 西山天王山
posted by レールブログ at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする