ダイエー楽天市場店    ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】

ピョンチャンオリンピック2018 テレビ各局テーマ曲

2009年06月29日

阪急摂津市駅 建設工事(1)

2006年5月に新駅設置が発表され、その直後に建設予定地をレポートした阪急摂津市駅(前回の記事 >>)ですが、いよいよ建設工事が本格化してきましたので、3年ぶりに現場を訪れて参りました(取材日:6月18日)。

090618_摂津市駅工事・9300系
▲摂津市駅建設現場付近を行く9300系特急河原町ゆき。

摂津市駅は、京都本線の正雀駅−南茨木駅間(3.5km)に設置される新駅。阪急は、2008年10月に正式駅名を「摂津市」駅と発表しました。この付近は将来、高架化される計画となっていますが、駅はまず地上で開業し、のちに高架駅に変わることになります。

構造は、地上駅舎で相対式ホーム2面を設置。改札口は各ホームに1ヵ所ずつ設けられ、上下ホーム間は地下通路で結ばれます。営業開始は駅南側の再開発エリア(南千里丘まちづくり構想)の街開きと同じ2010年春を予定。駅南側には駅前広場が整備されます。

090618_摂津市駅工事
▲新駅京都方の産業道路踏切から見た建設現場。

また、阪急は同駅を駅に起因するCO2排出量をゼロにする日本初の「カーボン・ニュートラル・ステーション」にすると発表しました。

具体的には、太陽光発電の導入、LED照明の使用、壁面緑化、トイレに雨水を使用、さらにはエレベーターのブレーキ時に発生する回生電力を力行時に使用することなどにより、CO2の排出量を約54%にまで削減。残り46%は、CO2排出枠購入、グリーン電力証書購入などにより相殺するというものです。



090618_摂津市駅工事
▲産業道路踏切から駅へ通じる歩道の工事。この先の川を渡ると改札口となる。

さて、3年ぶりに訪れた現場ですが、駅南側にあったダイヘンの工場はすっかり姿を消し、更地となった広大な土地を再開発に向けて重機が作業をしていました。

090618_摂津市駅工事
▲産業道路踏切には歩行者用の横断路が新設されていた。奥には工事事務所が建っている。

2006年6月
060604_摂津市駅予定地
▲上の写真と同地点の3年前の様子。歩行者用横断路はなく、再開発エリアはまだ手つかず。「ダイヘン」の文字が見えている。

駅の京都側の「産業道路踏切」には、これまでなかった歩行者専用の横断路を設けられ、また、この踏切と駅の間にある境川を渡る歩行者用の橋が着工されるなど周辺の工事も着々と進んでいました。

090618_摂津市駅工事
▲同踏切から見た新駅工事。ホーム床面の鉄骨が見える。左側は再開発工事の現場。

駅の工事としては、ホーム部分と線路を仕切る工事用の柵が設けられ、ホーム床面の鉄骨が組まれ始めていました。それ以外には、まだ目立った構造物は姿を現していません。

090618_南千里丘まちづくり構想 再開発工事
▲再開発エリア側から見た新駅付近(右が京都方)。再開発エリアには駅前広場が整備される。手前のコンクリートは暗渠化された境川。

090618_摂津市駅工事
▲大阪方(坪井踏切付近)から見た新駅工事。こちらもホーム床面の鉄骨が見える。背後は再開発工事現場。

090624_摂津市駅工事・車内から
▲電車内から見た新駅建設現場。京都方面ゆき先頭車から(6月24日撮影)。


【地図】阪急摂津市駅予定地


レールブログでは、今後も阪急摂津市駅の建設状況を定点観測していく予定です。


私鉄の車両(5)復刻版 阪急電鉄 1,500円 カトー 阪急6300系 4両基本セット[Nゲージ鉄道模型] 5,895円 阪急電車のすべて-京都線編-[DVD] 3,192円
阪急電鉄プロファイル 〜宝塚線・神戸線・京都線〜[DVD] 3,990円 グリーンマックス(GREENMAX) 4081 阪急8300系「京都線」3次車 交差パンタ車6両編成セット(M付き)[Nゲージ鉄道模型] 15,750円 大阪「駅名」の謎 日本のルーツが見えてくる
大阪「駅名」の謎 日本のルーツが見えてくる
著者: 谷川彰英

600円


■関連記事
阪急京都線、摂津市に新駅計画
posted by レールブログ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

阪急6300系リニューアル車 嵐山線で運行開始

阪急のリニューアルされた6300系が4月2日から嵐山線で運行を開始しました(取材日:4月8日)。

090408_阪急6300系・嵐山駅
▲嵐山線に投入された6300系リニューアル車。嵐山駅にて。

6300系は京都線の特急用として昭和50年(1975年)に登場した車両。後継の9300系の増備が進んだことに伴い、支線の嵐山線へ転用されることになりました。

3編成を8両編成から4両編成に変更。車内は4列のクロスシートを3列に変更するなどリニューアルされました。

090408_阪急6300系
▲まるで新車のように美しく改装された車内。

090408_阪急6300
▲クロスシートが4列から3列化されるとともに一部ロングシートも設けられた。

6300系は2扉車で、3扉化改造したとしても他の車両と扉位置が異なり、一般車両化が難しいことから、今後の去就が注目されていました。しかし、観光路線の性格がある嵐山線にクロスシート車を活用するという見事なアイデアで決着となりました。

090408_阪急6300系・嵐山駅
▲外観は側扉の窓拡大と社章の位置が変更された程度で、ほぼ原型をとどめている。

090408_嵐山線2ドア車運行および乗車位置変更について・嵐山駅

これにより、京都線区で唯一、標識板を付けて運行していた嵐山線の2300系は運用離脱となりました。

081118_阪急2300系・上桂駅
▲6300系投入により運用離脱となった2300系表示幕化未改造車。上桂駅にて。(2008年11月18日撮影)


私鉄の車両(5)復刻版 阪急電鉄 1,500円 カトー 阪急6300系 4両基本セット[Nゲージ鉄道模型] 5,895円 阪急電車のすべて-京都線編-[DVD] 3,192円
阪急電鉄プロファイル 〜宝塚線・神戸線・京都線〜[DVD] 3,990円 アオシマ 1/32バスシリーズ 24 三菱エアロスター(ノンステップ) 阪急バス【キッズランド限定品】[プラモデル] 3,890円 トミカ 阪急バス
トミカ 阪急バス
1,260円

ラベル:嵐山
posted by レールブログ at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

阪急 西宮北口−嵐山間・臨時直通列車を運行(復路編)

往路編に続いて、阪急が5日間限定で運行する西宮北口−嵐山間臨時直通列車のレポートです。

081118_西宮北口ゆき臨時直通列車・7000系
▲嵐山線の築堤を下り、桂駅に入ってくる臨時列車。

●西宮北口ゆき追跡レポート
さて、復路は臨時列車に乗らずに後続列車で追いかけることにしました。嵐山を15時51分に出た7000系・臨時列車をまず、桂にてお出迎え。そして、発車を見送ったのち、後続の特急(9300系)で追いかけました。当初、十三で降りて、折り返してくる臨時列車を出迎える予定でしたが、どうやら梅田まで行く余裕がありそうなので梅田まで追跡しました。

081118_行き先表示板・梅田駅
▲梅田駅の表示板も空白。
梅田に着いて、折り返しのため6号線に停車中の臨時列車に再び出会えました。駅の行き先表示は、ここでも空白になっています。そして、再び発車を見送ったのち、後続の特急(9000系)で再び追いかけました。

081118_西宮北口ゆき臨時直通列車・7000系
▲梅田駅・宝塚線用の6号線で出発を待つ臨時列車。

復路ではこの往復で唯一の待避があります。園田にて乗っていた特急が臨時列車を追い抜きました。そして、西宮北口に先回りして、臨時列車を再び出迎えました。これにて一日の運用を終えた電車は到着後すぐに引き上げ線へ入りました。そののち、折り返し梅田方面ホームを通って西宮車庫へ入っていきました。ヘッドマークは引き上げ線内にて外された模様です。

081118_西宮北口駅・7000系
▲終着・西宮北口に到着。このあと、即座に引き上げ線へ引き上げた。


最後に、この臨時列車は神戸線沿線の乗客にとって、乗り換えなしで嵐山へ行ける点は便利な列車であると思いました。ただ、往路の所要時間1時間13分に対し、復路は1時間26分と時間がかかりすぎている点は難点。十三駅の引き上げ線の復活を望みたいところですが、高架化される時まで不可能なのでしょうか。

また、今回の神戸線−京都線の転線に使ったルートは、近畿地方交通審議会で答申された神戸−京都間の特急構想で検討されているルートそのものです。今回の臨時運行をきっかけに直通特急の早期実現も願いたいところです。


マイクロエース A6171 阪急9000系 神戸線 8両セット[Nゲージ鉄道模型]【予約】 18,585円【送料無料】 阪急電鉄プロファイル 〜宝塚線・神戸線・京都線〜[DVD] 3,990円 阪急電車大全集 前編・神宝線[DVD] 3,072円
栄進堂の世界最小鉄道模型Tゲージ(軌間3mm)阪急9000系(特急)4両セット 6,720円 アオシマ 1/32バスシリーズ 24 三菱エアロスター(ノンステップ) 阪急バス【キッズランド限定品】[プラモデル] 4,200円 トミカ 阪急バス
トミカ 阪急バス
1,260円


■関連記事
阪急 西宮北口−嵐山間・臨時直通列車を運行(往路編)
ラベル:梅田 西宮北口
posted by レールブログ at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

阪急 西宮北口−嵐山間・臨時直通列車を運行(往路編)

阪急が5日間限定で運行する神戸線から京都・嵐山に直通する臨時列車に乗ってきました。

081118_嵐山ゆき臨時直通列車

梅田を起点に神戸線・宝塚線・京都線と3方向へ別々に運行する阪急で、神戸線から京都線へと営業列車が運行されることは大変珍しいこと。戦後しばらくは神戸−京都間の特急がありましたが、その後は1970年の大阪万博輸送の臨時列車以来、38年ぶりのこととなります。

さて、今回の運行の注目点を挙げますと、まずは(1)使用車両です。京都線の車両は神戸・宝塚線のものより車幅が広いので、神戸線用の車両となることと思いますが、形式は?。次に報道資料には書かれてなかった(2)種別(臨時特急なのか?)が気になります。そして、一番の注目は(3)神戸線から京都線へどこで転線するのかということでしょう。さらには通常ダイヤの合間を走るわけですから、京都線内で運転停車はあるのか?とか、駅のアナウンスで「嵐山ゆき」と自動放送されるのか?なども気になります。

●嵐山ゆき乗車レポート
この嵐山ゆき臨時列車は、テレビCMも放送されている嵐山誘客キャンペーン「あらしませんの嵐山線」の一環で、1日1往復のみ運行されます。運行2日目の11月18日(火)に乗車しました。

081118_嵐山ゆき臨時直通列車
▲使用車両は7000系。かつての標識板に基づいたデザインのヘッドマークが付けられた。西宮北口にて。

081118_臨時直通列車ステッカー 西宮北口駅3号線に入ってきたその列車は神戸線所属の7000系7017編成、6連です。かつての標識板に基づいたデザインの「西宮北口・臨時・嵐山」の丸いヘッドマークを貫通扉に付けておりました。変則的な停車をするからだと思いますが、特急などの種別はなく、だだの「臨時」となっています。側面には「臨時 西宮北口←→嵐山」のステッカーがはられていました。

081118_行き先表示板
▲行き先表示板は各駅とも空白。西宮北口駅(左)・塚口駅(右)にて。

駅の行き先表示板の下段に表示されている時は行き先なしで「臨時」とだけ表示されていたのですが、最上段になると空白になってしまいました。駅の放送は、駅員によるマイクでの案内でした。「一番後ろの車両は大変混み合います。」との放送があったのですが、今から思えばそれは鉄道ファンによる混雑のことだったようです。京都線に入ると先頭になる一番後ろを陣取っていたファンが多かったようです。

081118_停車駅案内
▲車内扉上の停車駅案内も専用のものが用意されていた。

西宮北口を10時20分に出発。車内扉上の停車駅案内枠も臨時列車用のものに取り替えられています。鉄道ファン以外は平日であることから結構、年配のお客が多い感じです。十三まで各駅に停車し、「次は京都線の桂まで止まりません。」とアナウンスが流れつつも、列車は梅田へ向けて突っ走ります。

【録音】神崎川駅出発から十三駅出発までの音声・・

081118_嵐山ゆき臨時直通列車
▲十三駅に停車中の臨時列車。このあと、どのように京都線に入るかが最大の注目。

081118_臨時直通列車・車内
▲たくさんの鉄道ファンがかぶりつく梅田方先頭部。
数年前までは十三駅の引き上げ線を利用して、京都線へ転線できたのですが、交差する道路の拡幅工事のため撤去されてなくなってしまいました。そのため、梅田まで走らなくてはならないのです。中津駅を通過してすぐの渡り線で宝塚線に進入。ラッシュ時しか使われない宝塚線の6号線に到着。梅田での乗降はできませんが扉が開けられ、何やら紙袋を持った職員がたくさん乗ってきました。

【録音】梅田駅到着時の音声・・

081118_準急河原町ゆき
▲梅田を出て、準急河原町ゆきと併走。
梅田には5分程停車し、スイッチバックして発車。宝塚線の線路を十三へ向けて走ります。併走するのは京都・河原町ゆきの準急。 先ほどの紙袋の中身が配られたのですが、それはアンケートでした。折角のこの試験的な運行でお客さんの声もデータとして収集しようということです。電車は十三の手前で信号待ち。準急が十三を出るのを待ってから、京都線へ転線します。宝塚ゆきのホームで待っていたお客さんは、電車が来たと思ったら曲がって行ってしまい驚いたでしょうか?

この臨時列車は神戸線のお客を嵐山へ運ぼうというものですので、十三の京都線ホームでは乗降扱いなしです。一旦停止はしましたがすぐに発車。ここで嵐山をPRするアナウンスが流れました。準急の後ろを走りながらも結構スピードが上がってゆきます。

先ほどのアンケートは、しばらくして回収。アンケートを配ったり集めたりで何だか団体列車に乗っているような雰囲気です。使った水性ペンはもらっておいて良いようで、ちょっと得しました。また、アンケートとともに嵐山関連のパンフが収められていたクリアファイルは嵐山PRのデザインのもので、ちょっとした記念になります。

さて、電車はなかなかのスピードを持続。どこかで特急に追い抜かれたりするのかと思いましたが、運転停車はありませんでした。確認しませんでしたが、
081118_特急河原町ゆき
▲桂に着いた直後、特急河原町ゆきが入ってきた。
準急は高槻市停車中に追い抜いた模様。途中、JRの雷鳥用485系改造車との併走シーンがありました。

長岡天神を過ぎてからは、前の列車に追いついてきたのでしょうか。スピードがかなり落ちてきました。そして、桂ではC号線に到着。桂車庫の入出庫に使う線です。その直後に本線には河原町ゆきの特急が入ってきました。かなり後ろに接近していた模様です。

081118_嵐山駅ホームから
▲紅葉にはまだ早い? 嵐山駅にて。
わずかの停車時間ですぐに発車。ここから、単線の嵐山線内は各駅に停車します。松尾にて普通桂ゆきと交換。そして、11時33分、終着の嵐山に到着しました。ホームから見える山の色はまだ緑の方が多く、ちょっと紅葉を見るには早そう。現在、京都バスの高雄ゆき臨時バスが運行されているようで、駅のすぐ前に停車していました。

【録音】嵐山駅到着時の音声・・

臨時列車のヘッドマークは外されましたが、どうやら空いている1号線に復路の15時51分発車まで留置される模様。パンタグラフが下げられていました。

081118_嵐山駅
▲11時33分、紅葉の嵐山駅に到着。


081118_嵐山駅・2300系・7000系
▲2300系と7000系の並びは貴重。

さて、この嵐山駅は、昭和3年(1928年)に新京阪鉄道が建設した際は6面5線ものホームがあり(現在は3面2線)、かなり観光客に当て込んでいたようでしたが、今では近年まで運行されていた行楽期の梅田からの臨時直通急行も廃止となり、あまり嵐山への誘客には力を入れていない様子でした。

しかし、今回の臨時列車の企画に始まり、来春には6300系のリニューアル車を導入するなど、再び、嵐山という観光資源を見直そうという気配が阪急に現れてきているように思う今日この頃です。今後の展開に期待したいところです。

081118_嵐山駅
▲帰路の運行まで7000系はそのまま留置される模様。


マイクロエース A6171 阪急9000系 神戸線 8両セット[Nゲージ鉄道模型]【予約】 18,585円【送料無料】 阪急電鉄プロファイル 〜宝塚線・神戸線・京都線〜[DVD] 3,990円 阪急電車大全集 前編・神宝線[DVD] 3,072円
栄進堂の世界最小鉄道模型Tゲージ(軌間3mm)阪急9000系(特急)4両セット 6,720円 アオシマ 1/32バスシリーズ 24 三菱エアロスター(ノンステップ) 阪急バス【キッズランド限定品】[プラモデル] 4,200円 トミカ 阪急バス
トミカ 阪急バス
1,260円

日本最大級の旅行サイトで簡単ホテル・旅館予約(楽天トラベル)
鉄道グッズのお求めはレールマート

posted by レールブログ at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

阪急創立100周年ヘッドマーク

阪急創立100周年のヘッドマーク掲出列車を撮影してきました。

071029_100周年ヘッドマークの5000系・王子公園駅
▲100周年ヘッドマークの5000系、神戸線・王子公園駅にて。

1907年(明治40年)に箕面有馬電気軌道として創業してから10月19日で100周年。10月1日から31日まで、神戸線で3編成、宝塚線で4編成、京都線で4編成に100周年記念ロゴのヘッドマークが掲出されました。

071024_梅田駅
▲100周年ヘッドマークの宝塚線急行。梅田駅にて。

071024_阪急創立100周年・ヘッドマーク
▲「感謝の気持ち」を込めたという100周年ロゴマーク。白い部分が多くてなかなか写しづらい。

071024_阪急創立100周年・側面ステッカー
▲側面にはステッカーを掲出。ヘッドマーク付き列車より幾分多く見られた。

071024_「STACIA」ヘッドマークの5000系・王子公園駅
▲阪急阪神の新しいICカード「STACIA」のPRヘッドマークも同時期に掲出された。5000系、神戸線・王子公園駅にて。

071024_阪急「STACIA」ステッカー
▲側面にも「STACIA」ステッカー。

071023_阪神「STACIA」ステッカー
▲阪神電車にも同じ「STACIA」のステッカーが登場。ヘッドマークはなかった。

ラベル:阪急神戸線
posted by レールブログ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする