ダイエー楽天市場店    ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】

東京2020オリンピック テレビ各局テーマ曲

2008年11月20日

阪急 西宮北口−嵐山間・臨時直通列車を運行(往路編)

阪急が5日間限定で運行する神戸線から京都・嵐山に直通する臨時列車に乗ってきました。

081118_嵐山ゆき臨時直通列車

梅田を起点に神戸線・宝塚線・京都線と3方向へ別々に運行する阪急で、神戸線から京都線へと営業列車が運行されることは大変珍しいこと。戦後しばらくは神戸−京都間の特急がありましたが、その後は1970年の大阪万博輸送の臨時列車以来、38年ぶりのこととなります。

さて、今回の運行の注目点を挙げますと、まずは(1)使用車両です。京都線の車両は神戸・宝塚線のものより車幅が広いので、神戸線用の車両となることと思いますが、形式は?。次に報道資料には書かれてなかった(2)種別(臨時特急なのか?)が気になります。そして、一番の注目は(3)神戸線から京都線へどこで転線するのかということでしょう。さらには通常ダイヤの合間を走るわけですから、京都線内で運転停車はあるのか?とか、駅のアナウンスで「嵐山ゆき」と自動放送されるのか?なども気になります。

●嵐山ゆき乗車レポート
この嵐山ゆき臨時列車は、テレビCMも放送されている嵐山誘客キャンペーン「あらしませんの嵐山線」の一環で、1日1往復のみ運行されます。運行2日目の11月18日(火)に乗車しました。

081118_嵐山ゆき臨時直通列車
▲使用車両は7000系。かつての標識板に基づいたデザインのヘッドマークが付けられた。西宮北口にて。

081118_臨時直通列車ステッカー 西宮北口駅3号線に入ってきたその列車は神戸線所属の7000系7017編成、6連です。かつての標識板に基づいたデザインの「西宮北口・臨時・嵐山」の丸いヘッドマークを貫通扉に付けておりました。変則的な停車をするからだと思いますが、特急などの種別はなく、だだの「臨時」となっています。側面には「臨時 西宮北口←→嵐山」のステッカーがはられていました。

081118_行き先表示板
▲行き先表示板は各駅とも空白。西宮北口駅(左)・塚口駅(右)にて。

駅の行き先表示板の下段に表示されている時は行き先なしで「臨時」とだけ表示されていたのですが、最上段になると空白になってしまいました。駅の放送は、駅員によるマイクでの案内でした。「一番後ろの車両は大変混み合います。」との放送があったのですが、今から思えばそれは鉄道ファンによる混雑のことだったようです。京都線に入ると先頭になる一番後ろを陣取っていたファンが多かったようです。

081118_停車駅案内
▲車内扉上の停車駅案内も専用のものが用意されていた。

西宮北口を10時20分に出発。車内扉上の停車駅案内枠も臨時列車用のものに取り替えられています。鉄道ファン以外は平日であることから結構、年配のお客が多い感じです。十三まで各駅に停車し、「次は京都線の桂まで止まりません。」とアナウンスが流れつつも、列車は梅田へ向けて突っ走ります。

【録音】神崎川駅出発から十三駅出発までの音声・・

081118_嵐山ゆき臨時直通列車
▲十三駅に停車中の臨時列車。このあと、どのように京都線に入るかが最大の注目。

081118_臨時直通列車・車内
▲たくさんの鉄道ファンがかぶりつく梅田方先頭部。
数年前までは十三駅の引き上げ線を利用して、京都線へ転線できたのですが、交差する道路の拡幅工事のため撤去されてなくなってしまいました。そのため、梅田まで走らなくてはならないのです。中津駅を通過してすぐの渡り線で宝塚線に進入。ラッシュ時しか使われない宝塚線の6号線に到着。梅田での乗降はできませんが扉が開けられ、何やら紙袋を持った職員がたくさん乗ってきました。

【録音】梅田駅到着時の音声・・

081118_準急河原町ゆき
▲梅田を出て、準急河原町ゆきと併走。
梅田には5分程停車し、スイッチバックして発車。宝塚線の線路を十三へ向けて走ります。併走するのは京都・河原町ゆきの準急。 先ほどの紙袋の中身が配られたのですが、それはアンケートでした。折角のこの試験的な運行でお客さんの声もデータとして収集しようということです。電車は十三の手前で信号待ち。準急が十三を出るのを待ってから、京都線へ転線します。宝塚ゆきのホームで待っていたお客さんは、電車が来たと思ったら曲がって行ってしまい驚いたでしょうか?

この臨時列車は神戸線のお客を嵐山へ運ぼうというものですので、十三の京都線ホームでは乗降扱いなしです。一旦停止はしましたがすぐに発車。ここで嵐山をPRするアナウンスが流れました。準急の後ろを走りながらも結構スピードが上がってゆきます。

先ほどのアンケートは、しばらくして回収。アンケートを配ったり集めたりで何だか団体列車に乗っているような雰囲気です。使った水性ペンはもらっておいて良いようで、ちょっと得しました。また、アンケートとともに嵐山関連のパンフが収められていたクリアファイルは嵐山PRのデザインのもので、ちょっとした記念になります。

さて、電車はなかなかのスピードを持続。どこかで特急に追い抜かれたりするのかと思いましたが、運転停車はありませんでした。確認しませんでしたが、
081118_特急河原町ゆき
▲桂に着いた直後、特急河原町ゆきが入ってきた。
準急は高槻市停車中に追い抜いた模様。途中、JRの雷鳥用485系改造車との併走シーンがありました。

長岡天神を過ぎてからは、前の列車に追いついてきたのでしょうか。スピードがかなり落ちてきました。そして、桂ではC号線に到着。桂車庫の入出庫に使う線です。その直後に本線には河原町ゆきの特急が入ってきました。かなり後ろに接近していた模様です。

081118_嵐山駅ホームから
▲紅葉にはまだ早い? 嵐山駅にて。
わずかの停車時間ですぐに発車。ここから、単線の嵐山線内は各駅に停車します。松尾にて普通桂ゆきと交換。そして、11時33分、終着の嵐山に到着しました。ホームから見える山の色はまだ緑の方が多く、ちょっと紅葉を見るには早そう。現在、京都バスの高雄ゆき臨時バスが運行されているようで、駅のすぐ前に停車していました。

【録音】嵐山駅到着時の音声・・

臨時列車のヘッドマークは外されましたが、どうやら空いている1号線に復路の15時51分発車まで留置される模様。パンタグラフが下げられていました。

081118_嵐山駅
▲11時33分、紅葉の嵐山駅に到着。


081118_嵐山駅・2300系・7000系
▲2300系と7000系の並びは貴重。

さて、この嵐山駅は、昭和3年(1928年)に新京阪鉄道が建設した際は6面5線ものホームがあり(現在は3面2線)、かなり観光客に当て込んでいたようでしたが、今では近年まで運行されていた行楽期の梅田からの臨時直通急行も廃止となり、あまり嵐山への誘客には力を入れていない様子でした。

しかし、今回の臨時列車の企画に始まり、来春には6300系のリニューアル車を導入するなど、再び、嵐山という観光資源を見直そうという気配が阪急に現れてきているように思う今日この頃です。今後の展開に期待したいところです。

081118_嵐山駅
▲帰路の運行まで7000系はそのまま留置される模様。


マイクロエース A6171 阪急9000系 神戸線 8両セット[Nゲージ鉄道模型]【予約】 18,585円【送料無料】 阪急電鉄プロファイル 〜宝塚線・神戸線・京都線〜[DVD] 3,990円 阪急電車大全集 前編・神宝線[DVD] 3,072円
栄進堂の世界最小鉄道模型Tゲージ(軌間3mm)阪急9000系(特急)4両セット 6,720円 アオシマ 1/32バスシリーズ 24 三菱エアロスター(ノンステップ) 阪急バス【キッズランド限定品】[プラモデル] 4,200円 トミカ 阪急バス
トミカ 阪急バス
1,260円

日本最大級の旅行サイトで簡単ホテル・旅館予約(楽天トラベル)
鉄道グッズのお求めはレールマート

posted by レールブログ at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

阪急創立100周年ヘッドマーク

阪急創立100周年のヘッドマーク掲出列車を撮影してきました。

071029_100周年ヘッドマークの5000系・王子公園駅
▲100周年ヘッドマークの5000系、神戸線・王子公園駅にて。

1907年(明治40年)に箕面有馬電気軌道として創業してから10月19日で100周年。10月1日から31日まで、神戸線で3編成、宝塚線で4編成、京都線で4編成に100周年記念ロゴのヘッドマークが掲出されました。

071024_梅田駅
▲100周年ヘッドマークの宝塚線急行。梅田駅にて。

071024_阪急創立100周年・ヘッドマーク
▲「感謝の気持ち」を込めたという100周年ロゴマーク。白い部分が多くてなかなか写しづらい。

071024_阪急創立100周年・側面ステッカー
▲側面にはステッカーを掲出。ヘッドマーク付き列車より幾分多く見られた。

071024_「STACIA」ヘッドマークの5000系・王子公園駅
▲阪急阪神の新しいICカード「STACIA」のPRヘッドマークも同時期に掲出された。5000系、神戸線・王子公園駅にて。

071024_阪急「STACIA」ステッカー
▲側面にも「STACIA」ステッカー。

071023_阪神「STACIA」ステッカー
▲阪神電車にも同じ「STACIA」のステッカーが登場。ヘッドマークはなかった。

ラベル:阪急神戸線
posted by レールブログ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

阪急創立100周年記念「鉄道模型フェスティバル」

おとといは梅田の阪急百貨店で開催されている「鉄道模型フェスティバル」(昨日で終了)に行ってきました。

070827_三宮駅模型
▲震災で姿を消した阪急三宮駅もNゲージサイズでよみがえった。

阪神百貨店との経営統合が決まっているとあって、両百貨店で同時開催されており、両会場共通入場券は700円とお得(一方だけなら500円)。しかし、何と言っても注目は阪急創立100周年のスペシャル企画であるため、阪急の会場だけを集中して見てきました。

070827_トミックスレイアウト
▲一大レイアウトに”鉄子さん”も集合?

まずは、鉄道模型メーカーごとの展示コーナー。KATO、TOMIXそれぞれが大きなNゲージのレイアウト(ジオラマ)を展開し、列車を走らせていたのですが、しばらく鉄道模型から離れている間に進化しているなぁというのが感想です。

070827_トミックス車載カメラシステム実演
▲トミックスは車載カメラシステムを実演。

特に興味を引いたのは、レイアウトを実物さながらの前面展望の目線で見られるTOMIXの車載カメラ。従来、こういった映像を撮るにはカメラ丸出しの車体にならざるえなかったと思うのですが、今回見たTOMIXのシステムは何とも立派なことに、ボディにすっぽりカメラが収まって全く外から分からないようになっていました。映像は無線ではなく、なんとレールを経由して送信されるそうです。

070827_カトー カント付き曲線レール
▲カトーの自慢はカント付きレール。

また、同じくTOMIXのレイアウトで裏側に入っていった列車がどうも時間を置いて出てくるようなので、どうなっているのか裏側を見てみると、列車が自動的にホームに停まって交互に後ろから来る列車に先を譲っていました。自動運転ユニットという製品が使用されているようです。見える所で実演すれば良いと思うのですが、なぜか裏に隠されていました。一方、KATOは曲線レールにカントが付いたものが発売されたそうで、列車がリアルに車体を傾けてカーブを走っていました。

070827_余部鉄橋模型
▲Nゲージサイズの余部鉄橋。展示用かと思いきや製品になっているらしい。価格はなんと157,500円! ディディエフ社製。

そして、いよいよ後半は、阪急創立100周年の展示コーナーへ。阪急ファンである筆者にとってうれしい阪急ばかりが走るレイアウトや、ずらりと並ぶ阪急電鉄所蔵の約20分の1サイズの車両レプリカも魅力的。そして、特に興味を引いたのは、9本の列車が並ぶ梅田駅や、震災で姿を変えてしまった三宮駅、懐かしい西宮北口駅のダイヤモンドクロスをリアルに再現したNゲージサイズの模型でした。

070827_梅田駅模型

070827_梅田駅模型

070827_梅田駅模型
▲阪急梅田駅の1〜9号線が精密に再現されていた。

070827_西宮北口駅模型
▲懐かしい西宮北口駅のダイヤモンドクロスもよみがえった。

070827_中津駅付近模型
▲中津駅付近3複線。阪急観光バスも走っている。

070827_南方駅付近模型
▲高架の地下鉄御堂筋線と立体交差する南方駅付近。地下鉄30系の模型を目の当たりしたのなんて初めてだ。

070827_阪急電鉄所蔵レプリカ
▲阪急電鉄所蔵の約20分の1サイズ歴代車両レプリカは約700両を展示。

070827_阪急1型車両模型と懐かしのヘッドマーク
阪急創業当時の車両・1型と懐かしのヘッドマーク。

070827_旧梅田駅・三宮駅・京都駅写真

旧梅田駅コンコースのアーチ天井(左上)が歴史の1枚に収まっているが、正にこの会場の建物に去年まで存在したものである。歴史建築の心ない解体のショックは忘れるわけにいかない。(左下はその解体された阪急百貨店南側。右上は大宮駅。右下は三宮駅。)

1時間あれば見られるだろうと、思って閉店1時間前に入ったのですが、見所が多くて時間が足りませんでした。じっくりとことん楽しむには2時間は必要だったと思いました。ぜひ、阪急コーナーは毎年開催してほしいものです。

マイクロエース A6171 阪急9000系 神戸線 8両セット[Nゲージ鉄道模型]【予約】 18,585円【送料無料】 阪急電鉄プロファイル 〜宝塚線・神戸線・京都線〜[DVD] 3,990円 阪急電車大全集 前編・神宝線[DVD] 3,072円
栄進堂の世界最小鉄道模型Tゲージ(軌間3mm)阪急9000系(特急)4両セット 6,720円 アオシマ 1/32バスシリーズ 24 三菱エアロスター(ノンステップ) 阪急バス【キッズランド限定品】[プラモデル] 4,200円 トミカ 阪急バス
トミカ 阪急バス
1,260円

Re2008.11.27
■関連記事
限定発売の阪急920系模型
ジョーシン 鉄道模型ショー


ラベル:鉄道模型
posted by レールブログ at 01:50| Comment(2) | TrackBack(2) | 阪急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

阪急・阪神 一日乗り放題の旅 鉄道編(9)−今津線

【レールブログ・極もん底値ブログ連動企画】前回の記事からのつづき>

宝塚 22:38発  普通   西宮北口 ゆき<7000系7017>

061228_宝塚駅 歌劇の街・宝塚。温泉と遊園地の街でもありましたが、今や温泉街はなくなって、一部のホテルを残すのみとなり、私鉄経営のモデルとなった宝塚ファミリーランドも閉園となってしまいました。その宝塚からは今津線に乗り、西宮北口へ向かいます。今津線はファミリーランドの敷地の中を通り抜けて行くところが面白かったのですが、それも過去のことになってしまいました。

061228_7000系_宝塚駅
<昔は最古の形式が支線を走るものだったが、現在は比較的新しい形式も支線に投入されている。宝塚駅にて、7000系。>

今津線は神戸線の支線です。大正10(1921)年の開業当時は「西宝線」という名称でしたが、5年後に今津まで開業したことにより「今津線」と改称されました。10駅間と支線としては長い目の路線ですが、現在は西宮北口で分断され、2つの区間で別々に運行されています。

西宮北口 22:58発  普通   今津 ゆき<6000系6022>

061228_西宮北口駅 西宮北口と言えば、阪急ブレーブスの本拠地・西宮スタジアム(球場)があったところです。現在はその跡地で阪急百貨店を核店舗とするショッピングセンターの建設が行われています。西宮スタジアムに、宝塚ファミリーランド、旧梅田駅コンコースと昔の阪急が次々と失われてゆきます。今の阪急の象徴って何でしょうか?

061228_6000系_西宮北口
<北側の路線が6両であるのに対し、こちらは半分の3両編成で、ワンマン運転されている。西宮北口駅にて、6000系。>

その西宮北口からは今津線の南側の区間、西宮北口−今津間の3駅間で運行されている電車に乗り換えです。

かつて、神戸線と今津線は西宮北口駅において、直角に平面交差する名物の「ダイヤモンドクロス」が存在していました。しかし、昭和59(1984)年、ダイヤ編成上のネック解消や神戸線のホームを10両対応に延長するために廃止されることになりました。これにより、今津線は2つの区間に分けて運転することになり、西宮北口駅には橋上駅舎が建設されました。ダイヤモンドクロスを渡る時のレール音は独特で今でも印象に残っています。

今津線の直通運転復活は高架化される時と言われていた記憶があるのですが、昨年8月には西宮北口駅の今津ゆきホームを2階コンコースと同じ高さに高架化して、神戸線などと乗り換えやすくするという方針が明らかになりました。これは直通再開を諦めた計画なのでしょうか。それとも将来、今津線の北側が高架化された際には直通できるようにするのでしょうか。2階の高さではコンコースを移動させなければ南北の線路をつなぐことができません。

阪急と阪神が統合された今、JR東西線に対抗し、阪神西大阪線経由で、近鉄奈良−阪急宝塚間の直通運転を行おうという計画が生まれる可能性もあるのですから、今津線の南北直通を視野に入れた構造で高架化してもらいたいものです。

061228_今津駅

路線図・現在・今津駅

さて23時01分、今津に着いて、阪急全線乗車完了です。ここからは再び阪神に乗ります。

<次回に続く>

エリアページ近畿(楽天トラベル) 駅名でピピッと検索!鉄道沿線検索

ラベル:阪急 宝塚
posted by レールブログ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 阪急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

阪急・阪神 一日乗り放題の旅 鉄道編(8)−創業路線

【レールブログ・極もん底値ブログ連動企画】前回の記事からのつづき>

061228_十三駅

十三 21:04発  急行  宝塚 ゆき<6000系6103>

十三からは宝塚線の急行に乗ります。

061228_十三駅

061228_6000系_十三駅

宝塚線は箕面(みのお)線と共に阪急で一番最初に開業した路線です。明治43(1910)年、阪急の前身・箕面有馬電気軌道が梅田−宝塚間と石橋−箕面間を開業させました。

宝塚線は元々、神崎(現・尼崎)−福知山間の阪鶴鉄道(現・JR福知山線)の支線として計画されていた路線でした。神崎から大阪まで官設鉄道(現・JR)に乗り入れていた阪鶴鉄道が自社線で大阪へ乗り入れるために新線が計画されました。その後、阪鶴鉄道が国有化されたために、阪鶴鉄道OBが新たに箕面有馬電気軌道を設立したうえで新線を開通させ、阪急の基礎ができたのでした。社名に有馬と入ってるのは当初、宝塚から有馬までも結ぶ計画があったからです。しかし、有馬温泉に鉄道が繋がると泊まり客が減ってしまうと、地元に反対され計画断念となりました。

石橋 21:30発  普通   箕面 ゆき<3100系3110>

石橋からは箕面線に乗ります。箕面線は4駅間の短い支線で、滝と紅葉の観光地・箕面公園へのアクセスとなる路線です。

061228_石橋駅

061228_3100系_石橋駅

061228_阪急箕面駅

路線図・現在・箕面駅

箕面 21:49発  普通   石橋 ゆき<3100系3158>
061228_箕面駅

箕面で折り返し、石橋へ戻ります。開業当初の箕面駅はループ構造になっており、運転席を切り替えることなく、そのまま回って石橋へ向かっていたそうです。現在は2面2線の一般構造の駅です。


061228_8_minoo_3100.jpg

石橋 22:07発  急行  宝塚 ゆき<3000系3025>
061228_8_ishibashi_ekimei_2.gif

再び、宝塚線に戻り、残りの宝塚まで乗ります。急行はこの石橋から宝塚終点まで各駅に止まります。


061228_8_ishibashi_3000.jpg

061228_8_takarazuka.jpg

宝塚には22:25に到着し、これで宝塚線区は完乗です。次は今津線に乗り、西宮北口へ向かいます。

<次回に続く>

エリアページ近畿(楽天トラベル) 駅名でピピッと検索!鉄道沿線検索

ラベル:阪急
posted by レールブログ at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪急 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする