ダイエー楽天市場店    ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】

ピョンチャンオリンピック2018 テレビ各局テーマ曲

2009年03月18日

阪神なんば線 まもなく開業

まもなく3月20日に阪神なんば線が開業します。その直前の阪神西大阪線の様子を見てきました(取材日:3月11日)。

090311_1000系・出来島駅
▲なんば線開通で消滅する西九条ゆき。1000系、出来島駅にて。

3月20日、尼崎−西九条間を結んでいる西大阪線が難波まで延伸され、同線は「なんば線」に改称。同時に近鉄と相互乗り入れを開始し、奈良−三宮間で直通運転が始まります。

090311_尼崎駅・1000系
▲尼崎駅で並んだ西九条ゆきの1000系6連(左)と、訓練のため停車している1000系10連。表示は「快速急行」・「奈良」。

090311_1000系・行先種別表示
▲早くも見ることができた開業後の表示(1000系側面)。

●尼崎駅
まず、尼崎駅を訪れました。従来、ここで折り返していた西大阪線のホームは南端にありましたが、現在では三宮方面への直通に備えた改造工事も完了し、阪神本線の上下線に挟まれた3番線で西大阪線の電車は折り返しています。

090311_尼崎駅
▲あとわずかで見られなくなる西九条ゆき。

従来、西大阪線は4両編成でしたが、1月23日から2月23日まで行われた試運転の際から6両編成となり、開業に備えています。使用車両もなんば線開業に備え登場した最新鋭の1000系と、なんば線対応用に改造された9000系です。

090311_尼崎駅・駅名標
▲尼崎始発の駅名標もあとわずか。

なんば線の三宮ゆきホームとなる4番線には、10両編成の1000系が停車し、乗務員の訓練が行われていました。車両の行先種別表示には「快速急行」「奈良」の表示が時折表示され、一足早く見ることができました。近鉄からやってくる8・10両編成の列車はここで解放作業を行い、6連で阪神本線に入ります。

090311_尼崎駅・近鉄車両停止位置
▲近鉄車両用の停止位置表示。尼崎駅にて。

090311_尼崎駅・9000系
▲西大阪線で運用に就くなんば線対応の9000系6連。尼崎駅にて。


●西九条駅
続いては、西九条駅へ。JR大阪環状線の手前で途切れていた線路が同線を越えました。西九条駅は、1964年(昭和39年)の開業当初から環状線の高架を越えて、難波へ延伸される計画であったため、高高架で作られていました。

090311_西九条駅・駅名標
▲ホーム延伸部に設置された新しい駅名標。

なんば線開業に備え、環状線上にまでホームが延伸され、環状線を越えた所にも新たな改札口がオープンします。

090311_西九条駅
▲45年間、車止めがあった場所に延びた線路。

先日までの試運転は、西大阪線の運行を延長する形で行われていましたが、現在は試運転は終了し、かつてのように2番線のみを使用しての折り返し運転が行われています。

090311_西九条駅・乗り換え案内
▲ほとんど使われてなかった1番線の乗り換え案内。2番線に見られる「ゆめ咲線」ではなく「桜島線」になっている。

090311_西九条駅
▲長年、終着駅だった西九条駅も大動脈の中間駅に生まれ変わる。

090311_西九条駅
▲西九条駅改札口前の表示板。両方向ともまだカバーされている。

090311_出来島駅・乗車位置表示
▲阪神車両と近鉄車両はドアの数が異なるため2通りの乗車位置表示が準備されている。赤色が近鉄用、現在はカバーで隠されている。出来島駅にて。

090311_運行系統図
▲なんば線開通により、阪神の運行系統は大きく変わることになる。

090311_阪神なんば線開業PR
▲車両側窓の開業PRステッカー。

090311_九条駅
▲新駅・九条駅の出入り口(右)。すでに駅名に明かりがともっている。長年、閉鎖されていた地下鉄中央線の出入り口も復活へ向け、準備工事中(左)。


阪神電鉄物語
阪神電鉄物語
著者: 岡田久雄

1,050円
関西圏通勤電車徹底批評(下) 1,575円【送料無料】 9300系阪神・山陽直通特急 大阪ライナー(山陽姫路〜阪神梅田)運転室展望(DVD) 3,045円
近鉄特急奈良線(難波→奈良)運転室展望(DVD) 3,864円 グリーンマックス 近鉄5800系L/Cカー6輛編成トータルセット(新塗装)[Nゲージ鉄道模型] 14,280円 近鉄難波・大阪全国駅名キーホルダー(予約) 525円

posted by レールブログ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(1) | 阪神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

阪神 不発弾撤去に伴う区間運転で「御影」ゆき

阪神本線青木駅近くで発見された戦時中の不発弾の撤去作業が3月4日(日)に行われ、これに伴い阪神本線が立ち入り禁止区域に掛かるため、午前8時30分から作業が終わるまで、西宮駅〜御影駅間が運休となり、両駅で折り返す区間運転の電車が走りました。

070304_8000系_新開地駅

梅田からの列車は急行・普通のみの運転になり、西宮で折り返し。神戸方面からは通常通りの特急・普通の運転で御影での折り返しとなりました。

070304_新開地駅

マニアならピンとくるのが、普段見ることがない行き先の列車の運転です。筆者はこの10年程の間に不発弾撤去に伴う大阪市営地下鉄、阪急、近鉄の区間運転を見に行った経験がありますが、いずれの路線にもマニアが集まっておりました。

070304_御影駅
<御影駅東方の本線上で折り返し、神戸方面ゆきホームに入線する普通列車。>

というわけで、今回も取材へと行って参りました。西宮ゆきは普段でも走っているので、御影ゆきの走る区間へ行きます。行ってみるとやはりたくさんのマニアが来ておりました。列車の行き先表示は、他社で見られた手製の表示が付けられているのかと思いきや、「御影」の表示が表字幕の中に装備されていました。また、駅の案内放送でも、「御影ゆき」と自動放送されていました。実は時刻表を調べてみると、平日、土休日ともに1本だけ、終電近くに山陽姫路発の御影ゆき直通特急があるのです。梅田からも特急御影ゆきが平日2本、土休日1本があります。しかし、普段は走らない「普通御影」ゆきの幕もしっかり装備されていました。

070304_御影駅
<御影駅西方の引き上げ線で待機する特急と普通列車。>

御影駅に着いた列車の折り返しは、前方(大阪方)へ進んで、本線上で折り返し、神戸方面ゆきホームへ入るパターンと、後方(神戸方)の2本ある引き上げ線に入った後に神戸方面ゆきホームに入るパターンがありました。

070304_5000系_御影駅

070304_5000系_石屋川駅

070304_山陽5000系_石屋川駅

運休となる時間は15時30分までの予定でしたが、撤去作業が終了次第、運転再開となるということで、14時すぎには規制解除となり、御影ゆきだった直通特急も運行途中で梅田ゆきに変更となりました。

<動画>直通特急御影ゆき(山陽5000系)の前面展望映像を撮りました。

再生ボタンをクリックしてご覧下さい。
ラベル:阪神 動画
posted by レールブログ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

阪急・阪神 一日乗り放題の旅 鉄道編(10)−ラストラン

【レールブログ・極もん底値ブログ連動企画】前回の記事からのつづき>

今津 23:07発  普通   高速神戸 ゆき<5000系5008>

061228_今津駅 阪急は乗り終えて、今津からは阪神の残る区間に乗ります。まずは2駅神戸方の香櫨園へ行きます。

061228_5000系_今津駅

写真を見て、初めて気づきましたが先に香櫨園から御影まで乗った車両と同じ車両でした。

香櫨園 23:22発  普通   梅田 ゆき<5000系5025>

061228_香櫨園駅 香櫨園から西は先に乗り終えているので、ここで梅田方面へ引き返します。残すは阪神本線の梅田までと、武庫川線、西大阪線。しかし、もうこんな時間。もう、まっすぐ梅田へ向かわなくては、自宅へ帰る最終に間に合いません。1日で阪急・阪神全線を乗り尽くすことを目指してきましたが、残念ながら、2つの支線には乗らず、本線だけを完乗して終わらせることになりました。既に武庫川線の最終にも間に合わない時間でした。

061228_5000系_香櫨園駅

061228_西宮駅

061228_西宮駅
<西宮えびすのPRが賑やかな西宮駅だが、この駅は照明が非常に暗い。
ホーム両側に回送列車が止まって、何とも寂しい雰囲気に・・>

西宮 23:33発  特急   梅田 ゆき<山陽5000系5016>

061228_山陽5000系_西宮駅
<この旅、最後に乗るのは山陽電鉄の車両だった。>

西宮にて特急に乗り換えです。新開地始発の山陽区間を走らないのに山陽車を使った特急梅田ゆきが来ました。このような運行は両社車両のお互いの乗り入れ距離をほぼ同じにして、車両使用料が発生しないようにする「キロ調整」を行うために生まれます。

061228_梅田駅
<阪神梅田駅、ゴールの瞬間。車内から。>

23時48分、阪神梅田に到着。朝10時に阪急梅田を出発して以来、約14時間ぶりに梅田に帰って参りました。阪神の2路線を乗り残してしまいましたが、とりあえずはゴールです。JR在来線で大阪から東京まで行くなら約9時間。これなら、東京へ行くのも絶えられますね。

061228_梅田駅

061228_梅田駅

ところで、阪急と阪神は今回使用したものと同様に阪急・阪神全線が1日乗り放題になる乗車券「阪急阪神1dayパス」(1,200円)を4月1日から発売するそうです。発売期間は、なんと通年発売です。これならいつでも、乗り放題の旅に出られますね。

路線図・現在:阪神梅田

■乗り放題データ
乗車本数:29本
乗車距離:258.7km
普通運賃:3,540円(普通運賃で乗った場合の必要額・改札を出た駅、または折り返した駅ごとに計算。実際には1,200円の一日乗車券を使用。)

さて、この翌12月29日には、阪急・阪神 一日乗り放題・バス編の旅に行きました。このレポートの連載を近日開始しますので、お楽しみに。

エリアページ近畿(楽天トラベル) 駅名でピピッと検索!鉄道沿線検索

―――12月9日 追記―――
大変遅ればせながら、翌日のバス編の模様を掲載開始いたしました。


ラベル:阪神
posted by レールブログ at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

はんしんまつりで西大阪延伸線のジオラマ

14日は阪神西宮駅とエビスタ西宮で開催された阪神電鉄のイベント「鉄道の日はんしんまつり2006 」へ行ってきました。10月14日は日本で最初に鉄道が開通したことを記念する「鉄道の日」でした。この時期は毎年、鉄道各社の鉄道の日イベントが開催されています。

061014_taxi.jpg

阪急とJR以外のイベントはほとんど参加したことがないのですが、今回はぜひ見たいものがありましたので阪神のイベントに行くことにしました。また、阪急から限定発売された920系の模型の発売日でしたので、売り切れる前に買いに行くべく、それと兼ねて出かけました。

061014_enshin1.jpg

はんしんまつりでぜひ見たかったのは、西大阪延伸線のジオラマです。西大阪延伸線は、阪神西大阪線の西九条駅から近鉄難波駅まで延伸する路線です。これが開通すると、関西初の本格的な大手私鉄同士の相互乗り入れが実現し、近鉄奈良−阪神三宮間の直通列車が走りますので、関西の計画路線では一番開通が楽しみな路線です。西九条から難波まで歩いて、工事の様子を撮影したこともあります。

061014_enshin2.jpg

ジオラマは高高架の西九条駅からJR環状線を越えて、安治川を渡り、そこから道路の中央部を進みながら、一気に地下へと下り、次の九条駅に至る区間が再現されていました。期待としては鉄道模型のレイアウトのようなビルや家もリアルに作られたものかと思っていたのですが、建築見本のようなシンプルな作りのものでした。それでも、鉄道と道路部分は精密な作りで結構、リアルなものでした。ジオラマの横には、同線用に新造された新型車両1000系の1/10模型も展示されていました。

061014_enshin3.jpg
<街中に新たに建設される地上線であるため、騒音防止のシェルターを備えている。>
061014_enshin4.jpg
<高架は地下鉄中央線と阪神高速道路。その交差部の地下に九条駅が設けられる。>
061014_enshin5.jpg
061014_1000.jpg
061014_map.jpg

もうひとつの注目は、阪急と阪神が同グループになったため、阪急電鉄のグッズ販売コーナーも設けられていることです。この日発売の920系模型やネクタイなどのグッズを阪急の社員が販売していました。ここで、9000系のラガールカードセットと3本線がテーマのラガールカードセット(それぞれ台紙付)を買いました。阪神のもので買ったのは、タイガースデザインのらくやんカードのみ。やはり、阪急の方が商売がうまいです。翌日の「秋の阪急レールウェイフェスティバル2006」でも阪神がグッズを販売しました。今回は同グループになったため、両イベントの日程が重ならないように調整されました。

061014_hankyu.jpg
<阪神百貨店の前に阪急電鉄ののぼり。経営統合を象徴する光景です。
隣ではタイガースグッズを販売していました。>

061015_card.jpg
061015_sheet.jpg
<ラガールカードセットを買ったら、こんな下敷きが付いてきました。
裏は9000系8両の側面図です。>

061014_buhin.jpg
<阪神の部品販売も行われました。>
061014_ngauge.jpg
<Nゲージ運転コーナーでは、阪神をはじめ、阪急、近鉄、JRまで揃っていました。>

さて、大阪から阪神のイベントに行ったにも関わらず、今回は往復とも阪神電車を一度も使わずに行きました。使ったのは阪急です。途中、サービスセンターで920系の模型を買い、阪急今津で下車。ここで今後の記事に使う写真を撮影し、阪神の今津−西宮間の1駅は、140円を節約するために乗らず、高架下の道を歩きました。どんな所を路線が走っているのかを感じることができますので、線路沿いを歩くのもいいものです。この間には5年前まで西宮東口駅がありましたが、駅跡がどこかはわかりませんでした。また、はんしんまつりの後は北側を走るJRの西ノ宮駅から乗車し、JR夙川駅(仮称)の建設中の様子を車内前方から撮影いたしました。

JR西ノ宮駅で気づいたことですが、駅南側のロータリーには阪神バスが発着し、駅北側のロータリーには阪急バスが発着するというように、きっちりと分かれておりました。従来のライバル関係を象徴するような風景だと思いました。また、南側は阪神沿線のような賑やかな雰囲気の街並みであるのに対し、北側へ出ると一転、阪急沿線のような閑静な街並みにガラリと変わりました。JRを境にくっきりと雰囲気が分かれているのが面白いと思いました。

061014_bus.jpg
<阪神西宮駅前には廃車バスを使った店舗が5軒常設されています。>

今回から、こちらの新しいデジカメの使用を開始しました(従来のデジカメも併用。ジオラマなどは新しいデジカメの写真です。)。
SONY Cyber-shot DSC-T10S 手ぶれ補正機能搭載(720万画素/シルバー)
ソニー サイバーショット DSC-T10S (720万画素/シルバー)
 楽天の底値  29,400円
DSC-T10の最新の底値を検索する>>
手ブレ補正×高感度で、ダブルでブレない。
夜に強いデジカメです。

グリーンマックス 4031 阪神電鉄 9300系タイプ 4両基本セット【税込】 ハンシン9300ケイキ... 14,175円
<送料無料>
グリーンマックス 4033 阪神電鉄 5500系 4両セット【税込】 ハンシン5500ケイ4リヨウセツ... 14,175円
<送料無料>
効果音/新・効果音大全集(24)鉄道 2,499円
阪神電車の音声も収録。
阪神電鉄物語
阪神電鉄物語
著者:岡田久雄

1,050円
9300系阪神・山陽直通特急 大阪ライナー(山陽姫路〜阪神梅田)<DVD> 2,740円 私鉄王国の凋落
私鉄王国の凋落
著者:川島令三

1,470円

楽天ブックスは完全送料無料キャンペーン中!

鉄道模型25%OFF! Joshin web(上新電機)
posted by レールブログ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする