ダイエー楽天市場店    ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】

2011年02月24日

名鉄 最後の吊り掛け車・6750系さよなら運転

大手私鉄でほぼ最後の吊り掛け駆動車・名鉄6750系のさよなら運転が行われましたので撮影に行って参りました。

110220_meitetsu6750_1.jpg
▲まずは往路。尾張旭から喜多山へ向かう6750系さよなら列車を大森・金城学院前駅でキャッチ(10時8分)。

名鉄6750系は、瀬戸線用車両で、1次車が昭和61年(1986年)に3900系の機器を流用して製造。2次車が平成2年(1990年)に3850系・3900系の機器を流用して製造されました。

当時、すでに現在主流のVVVFインバーター制御が出始めていた中、廃車車両の機器を流用し、車体は新造するという手法が採られたことから、デザインは近代的でありながら、駆動装置は古典的な吊り掛け式という珍しい存在となっていました。

吊り掛け式とは、車輪の軸に直接モーターが付く方式で、独特の重低音を響かせることが特徴。現在でも路面電車などでは多く残っていますが、大手私鉄の狭軌以上の鉄道では、この名鉄6750系が最後となりました。2次車が2月下旬に、1次車が3月に引退となる予定です。

110220_meitetsu6750_2.jpg
▲続いて、喜多山で折り返し尾張瀬戸へ向かう6750系を新瀬戸駅で(10時26分)。

さよなら運転は、2月20日(日)に2次車を利用して行われました。往路は、尾張旭駅(10:03発)を始発とし、喜多山駅で折り返し、さらに尾張瀬戸駅で折り返し、尾張旭検車区(10:50頃)に到着。

復路は、尾張旭検車区(13:00頃)を出て、尾張瀬戸駅で折り返し、さらに喜多山駅で折り返し、尾張旭駅(13:54)終着というルートでした。

110220_meitetsu6750_3.jpg
▲さらに、尾張瀬戸で折り返し、尾張旭検車区へ向かう6750系を尾張旭駅で(10時45分)。

110219_meitetsu6750_4.jpg
▲2月7日から掲げられたヘッドマーク。吊り掛け駆動=nose-suspension drive(2月19日撮影)。

110220_meitetsu6750_5.jpg
▲復路は、まず、尾張旭検車区を出て尾張瀬戸へ向かう6750系を水野駅でキャッチ(13時14分)。

【動画】続いて、尾張瀬戸から喜多山へ向かう6750系は、大森・金城学院前駅で動画撮影。出発直後、通常運行の1次車が到着(13時39分)・・

【動画】最後、喜多山から尾張旭へ向かう6750系も大森・金城学院前駅で動画撮影(13時45分)・・

110219_meitetsu6750_6.jpg
▲6750系1次車も3月18日まで(平日のみ)ヘッドマークを掲出して運行。2月19日、矢田−守山自衛隊前間にて。

110220_meitetsu6750_7.jpg
▲2次車さよなら運転当日の1次車。ヘッドマークは「瀬戸のお雛めぐり」PRのものに変わっていた。

110220_meitetsu6750_8.jpg
▲6750系1次車の運転台と種別行先表示の一覧。

110220_meitetsu6750_9.jpg
▲6750系1次車の車内。

110219_20_meitetsu6750_10.jpg
▲1次車と2次車の側窓を比較。1次車(左)はクラシックな2段式窓だが、2次車は現代的な1段式窓。

110221_meitetsu6750_11.jpg
▲「ありがとう6750系記念乗車券」と、硬券入場券を購入していただいた「電撮シリーズ」カードの裏面(下)。

【動画】6750系1次車前面展望動画。急行尾張瀬戸ゆき 印場付近−尾張旭(16時15分)間(2月20日撮影)・・


前面展望 名鉄瀬戸線6750系(栄町→尾張瀬戸/尾張瀬戸→栄町)[DVD] 3,471円【送料無料】 ビコム 名鉄の名車たち世代交代してゆく名鉄車両の記憶  
[DVD] 6,993円【送料無料】 私鉄沿線 名鉄にのって2 500円
Bトレインショーティー 名鉄4000系 2両セット 1,785円 ザ・ラストラン 名鉄7000系[DVD] 1,000円【送料無料】 名鉄の廃線を歩く
名鉄の廃線を歩く
1,785円【送料無料】

ラベル:さよなら運転
posted by レールブログ at 23:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 名鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

名鉄「ありがとうパノラマカー」イベント列車(8月9日編)

まもなく8月30日で引退する名鉄7000系パノラマカーのイベント列車(第6弾)。8月8日編に続いて9日のレポートです。

090809_7000系パノラマカー・本宿駅
▲2日目の第6弾イベント列車。まずは本宿駅にて。

9日(日)も前日と同様に、名古屋本線豊明駅(10:11)を始発とし、本宿駅(10:46〜11:04)で折り返し、新安城駅から西尾線に入線。蒲郡線蒲郡駅(12:41〜14:01)で折り返し、豊明駅(15:19)に戻るルートで運行されました。

090809_7000系パノラマカー・本宿駅
▲往路は「三河湾」号。

この日は早朝から下見をしたうえで、第1撮影ポイントは最初の折り返しの駅となる本宿駅としました。10時46分、向かってきたパノラマカーを撮影。パノラマカーは4番線に入りました。


【動画】本宿駅到着。写真と同時に撮影した映像です・・


続いては、パノラマカーが折り返し出発する前に新安城駅へ先回り。11時31分、新安城駅にて向かってきたパノラマカーと、3番線に到着ののち2分後、西尾線に入線し蒲郡へ向け出発するパノラマカーを撮りました。

090809_7000系パノラマカー・新安城駅
▲新安城駅に到着するパノラマカー。

090809_7000系パノラマカー・新安城駅
▲新安城駅ではわずか2分停車したのち、スイッチバックして蒲郡へ向け出発。


【動画】新安城駅出発(往路)・・


そして、動いているパノラマカーの撮影は、もう1チャンス。蒲郡から折り返し豊明へ向かうパノラマカーは、前日から注目していたポイント、西尾線の桜町前駅で撮ることにしました。次か次かと何本もの列車をやり過ごしたのち、14時48分、単線の軌道上でミュージックホーンを鳴らし続けながらやってきたパノラマカーを撮影しました。

090809_7000系パノラマカー・桜町前駅
▲復路、西尾線を疾走するパノラマカー。桜町前駅にて。

090809_7000系パノラマカー・桜町前駅
▲復路は「ミュージックホーン豊明」号。その名の通り、ミュージックホーンを鳴らし続けて走ってきた。


【動画】桜町前駅通過(復路)・・


この後は、パノラマカーの終着、豊明駅まで追いかけました。豊明駅に着くと、もうホームにパノラマカーの姿はありませんでしたが、豊明検車区に入ってる姿を確認することができました。

090809_7000系パノラマカー・豊明検車区
▲豊明駅まで追跡すると、パノラマカーはもう検車区の中に・・。

さらには、その検車区内に入っている姿を撮影しようと、横を走る営業列車に乗車。一時、庫内に姿を隠してしまって撮影に失敗したものの再び外に姿を現し、何度目かに撮影成功いたしました。

090809_7000系パノラマカー・豊明検車区
090809_7000系パノラマカー・豊明検車区
▲豊明検車区に入ったパノラマカー。列車内から撮影。

イベント列車としての運行はこれで最後。あとは30日のさよなら運転を残すのみとなりました。なお、レールブログ取材としては、今回で見納めとさせていただきます。


ありがとうパノラマカー
ありがとうパノラマカー
2,300円【送料無料】
名鉄7000系パノラマカー 日本初の前面展望電車の全貌[DVD] 5,460円 特急チャイムクロック SOLO 名鉄パノラマカー 3,570円
あのミュージックホーンがめざまし時計に!
パノラマカー栄光の半世紀 2,100円【送料無料】 トミックス 名鉄7000系パノラマカー(第11編成・復活白帯)セット[Nゲージ鉄道模型] 13,387円 名鉄パノラマカ−(犬山経由 河和〜新岐阜)[DVD] 2,426円


■関連記事
名鉄「ありがとうパノラマカー」イベント列車(8月8日編)
名鉄「ありがとうパノラマカー」イベント列車(7月12日編)
名鉄「ありがとうパノラマカー」イベント列車(7月11日編)
ラベル:新安城 本宿
posted by レールブログ at 04:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 名鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

名鉄「ありがとうパノラマカー」イベント列車(8月8日編)

まもなく8月30日に引退を迎える名鉄パノラマカー。先月の第5弾イベント列車に続いて、今月8日、9日に運行された第6弾イベント列車の撮影に行って参りました。

090808_7000系パノラマカー・新安城駅
▲第6弾イベント、往路は「三河湾」号。新安城駅にて。

今回の「ありがとう パノラマカー」イベント列車・第6弾は、名古屋本線豊明駅(10:11)を始発とし、本宿駅(10:46〜11:04)で折り返し、新安城駅から西尾線に入線。蒲郡線蒲郡駅(12:41〜14:01)で折り返し、豊明駅(15:19)に戻るルートで運行されました。

090808_7000系パノラマカー・豊明検車区
▲豊明を通過する急行豊川稲荷ゆき車内から。9時53分、パノラマカーはまだ検車区内にいた。

当日、近鉄で大阪から駆けつけた筆者は、名鉄名古屋駅から急行豊川稲荷ゆき(9:29)に乗り、パノラマカー始発の豊明駅を越えて、その3つ先の知立駅へ向かいました。まず、知立にて本日1回目の撮影。本宿へと走るパノラマカーを撮らえました。往路は「三河湾」号です。

090808_7000系パノラマカー・知立駅
▲本宿へ向け疾走するパノラマカー。知立駅にて。

続いては、さらに2つ先の新安城駅へ。ここにて、本宿駅から折り返してくるパノラマカーを待ちます。パノラマカーイベント列車はこの駅で名古屋本線から西尾線へ転線。11時31分〜11時34分のわずか3分間、3番線ホームに止まったのち、スイッチバックして蒲郡へ向け出発しました。

090808_7000系パノラマカー・新安城駅
▲新安城駅3番線に入線するパノラマカー。

090808_7000系パノラマカー・新安城駅
▲新安城駅から蒲郡へ向け出発するパノラマカー。

続いては、西尾線と蒲郡線の境界駅・吉良吉田駅へ。ここで、蒲郡から折り返してくるパノラマカーを待つことに。14時23分、パノラマカーは蒲郡線からカーブして西尾線の3番線ホームに到着。復路は「ミュージックホーン豊明」号。単線のため、対向列車の到着を待ったのち、豊明へ向けて出発してゆきました。

090808_7000系パノラマカー・吉良吉田駅
▲吉良吉田駅に到着する復路、「ミュージックホーン豊明」号。

<8月9日編につづく>


ありがとうパノラマカー
ありがとうパノラマカー
2,300円【送料無料】
名鉄7000系パノラマカー 日本初の前面展望電車の全貌[DVD] 5,460円 特急チャイムクロック SOLO 名鉄パノラマカー 3,570円
あのミュージックホーンがめざまし時計に!
パノラマカー栄光の半世紀 2,100円【送料無料】 トミックス 名鉄7000系パノラマカー(第11編成・復活白帯)セット[Nゲージ鉄道模型] 13,387円 名鉄パノラマカ−(犬山経由 河和〜新岐阜)[DVD] 2,426円


■関連記事
名鉄「ありがとうパノラマカー」イベント列車(7月11日編)
名鉄「ありがとうパノラマカー」イベント列車(7月12日編)
posted by レールブログ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 名鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

名鉄「ありがとうパノラマカー」イベント列車(7月12日編)

まもなく8月30日で引退する名鉄7000系パノラマカーのイベント列車(第5弾)。7月11日編に続いて12日のレポートです。

090712_7000系パノラマカー・野間駅
▲前日と同じルートで運行されたパノラマカーイベント列車。野間駅にて。

12日(日)も前日と同様に、常滑線大同町駅(10:46)を始発とし、知多新線内海駅(11:51〜12:47)で折り返し、名古屋本線金山駅(14:16)終着のルートで運行されました。

この日は始発の大同町駅から撮影をスタート。ここでは動画で撮影することにし、到着と出発シーンを撮りました。


【動画】大同町駅到着シーン。ミュージックホーンではありませんが電気笛が鳴りました・・

続いては後続の列車でパノラマカーを追跡。折り返しの内海まで行って、前日と同様に約1時間の停車中にくまなくパノラマカーを撮影。サービスで緊急用の旋回式標識灯が動かされ、そのシーンを動画に収めることができました。

090712_7000系パノラマカー・内海駅
▲折り返しの内海駅ではサービスで種別・行先表示も変更。

090712_内海駅
▲多くのファンでにぎわった内海駅。



パノラマカーが再び出発する前には、前日同様に1つ前の列車に乗って先回り。この日は1つ先の野間駅で下車しました。復路は先頭が7700系。パノラマカー狙いの筆者は後追いで撮影するべく、名古屋側のホーム端を確保。ここで待ち構えて、この日も緑豊かな背景で撮影することができました。

090712_7700系・野間駅
▲復路の先頭は第5弾イベントの目玉、白帯が復活した7700系。野間駅にて。

090712_7000系パノラマカー・野間駅
▲後ろになったパノラマカーは緑をバックに撮影。野間駅にて。

そして、さらには後続の急行でパノラマカーを追いかけます。前日追いかけた際に、阿久比駅でパノラマカーが待避することが分かりましたので、この日は車内からそのシーンを撮るべく、同じく追いかけるファンで混雑する中、急行先頭の前面展望できる場所を確保。阿久比駅到着時にパノラマカーの待避シーンを撮影いたしました。

090712_7000系パノラマカー・阿久比駅
▲復路、阿久比駅で待避するパノラマカー。新鵜沼ゆき急行車内から撮影。

阿久比では降りず、ここから先行する同急行で先回り、事前に調査して決めていた巽ヶ丘駅で下車して、パノラマカーを待ち構えることにしました。ここでも狙うは後尾の7000系。構内踏切の遮断器越しにうまく撮影できました。

090712_7000系パノラマカー・巽ヶ丘駅
▲巽ヶ丘駅で撮らえたパノラマカー。

続いては、島式ホームの端がなかなか良い撮影地の豊田本町駅へ。ここで金山から折り返してくる回送を狙おうとしましたが、名古屋側ホーム端は撮影者で大混雑。残念ながら、ここでの撮影は失敗してしまいました。

そして、最後は大江駅。ここの留置線に入庫したパノラマカーを築港線ホームから撮影し、この日の撮影を終えました。

090712_7700系・大江駅
▲大江駅留置線に入った7000系+7700系(中央)。

090712_7000系パノラマカー・豊明検車区
▲その後、豊明検車区に帰った7000系4連(翌日撮影)。

なお、次回第6弾イベントは、8月8日(土)、9(日)に豊明→本宿→蒲郡→豊明のルートで運行されます。


ありがとうパノラマカー
ありがとうパノラマカー
2,300円【送料無料】
名鉄7000系パノラマカー 日本初の前面展望電車の全貌[DVD] 5,460円 特急チャイムクロック SOLO 名鉄パノラマカー 3,570円
あのミュージックホーンがめざまし時計に!
パノラマカー栄光の半世紀 2,100円【送料無料】 トミックス 名鉄7000系パノラマカー(第11編成・復活白帯)セット[Nゲージ鉄道模型] 13,387円 名鉄パノラマカ−(犬山経由 河和〜新岐阜)[DVD] 2,426円


■関連記事
名鉄「ありがとうパノラマカー」イベント列車(7月11日編)
posted by レールブログ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 名鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

名鉄「ありがとうパノラマカー」イベント列車(7月11日編)

昨年末に定期運用を終了し、今年8月30日に完全引退する名古屋鉄道の7000系パノラマカー。7月11日、12日の両日にイベント列車として運行されましたので撮影しに行ってきました。

090711_7000系パノラマカー・内海駅
▲折り返しの内海駅に停車中のパノラマカーイベント列車「うつみ」号。

7000系パノラマカーは、昭和36年(1961年)、日本初の前面展望車両としてデビュー。運転室を2階に配し、1階は展望席とする斬新なデザインが好評を博し、長年、名鉄の主力特急車両として活躍しました。

「ありがとう パノラマカー」イベント列車は、4月から月1回程度運行されており、今回は第5弾。7月11日(土)、12日(日)の両日、常滑線大同町駅(10:46)を始発とし、知多新線内海駅(11:51〜12:47)で折り返し、名古屋本線金山駅(14:16)終着のルートで運行されました。

今回は、7000系パノラマカー(白帯車・4連)の後尾(復路は先頭)に「白帯車」として復活した7700系(2連)を連結した6両編成で運行。沿線は大変多くのファンでにぎわいました。

090711_7000系パノラマカー・内海駅
▲行先・種別表示の変更も行って、約1時間の撮影会。

さて、大阪から駆けつけた筆者は、大同町駅の出発には間に合わず、内海駅まで追いかけて撮影することにしました。急行内海ゆきにはちょうど、往路のパノラマカーの撮影を終えたファンが各駅から次々乗り込んできて車内は満員となりました。

内海駅に着いて、筆者は幼き頃から本で見ていたパノラマカーとついに初対面。停車中のパノラマカーをくまなく撮影いたしました。

090711_7000系パノラマカー・内海駅
▲パノラマカーから始まった美しいスカーレット色は後に名鉄の標準色になった。

090711_7700系・内海駅
▲今回は白帯復活となった7700系を連結。

090711_7000系パノラマカー・内海駅
▲久々にコンビを組んだ7000系と7700系。

そして、パノラマカーが出発する前に普通列車に乗って次の撮影地点へ先回り。先頭車から各駅の様子を見て、撮影できそうな駅をその場で判断。4つ先の上野間駅にて降りて撮影することにしました。復路はパノラマカーが後尾となりますが、なかなかの自然豊かな背景で撮影できました。

090711_7700系・上野間駅
▲復路は7700系が先頭の「あつた」号。上野間駅にて。

090711_7000系パノラマカー・上野間駅
▲緑豊かな知多新線を行くパノラマカー。上野間駅から後追いで撮影。

そして、さらには、次の急行でパノラマカーを追跡。全く事前情報がなかったのですが、ラッキーなことに阿久比駅でパノラマカーは待避していました。乗っていた急行がそこから先行することに。さらに撮影チャンスが増えたということで、先頭から次の撮影駅を見極めつつ乗っていたのですが、そのうち、金山の手前、神宮前駅に着いたので下車。ここにてパノラマカーを後追い撮影しました。

090711_7000系パノラマカー・神宮前駅
▲さらに神宮前駅で撮らえたパノラマカー「あつた」号。

さらには、どうやらパノラマカーは金山到着後、回送で戻って来るとのことで、さらに待って撮影。ヘッドライトを点灯し先頭となったパノラマカーを撮影することができました。

090711_7000系パノラマカー・神宮前駅
▲さらに25分後には回送列車として帰ってきた。神宮前駅にて。

<7月12日編につづく>


ありがとうパノラマカー
ありがとうパノラマカー
2,300円【送料無料】
名鉄7000系パノラマカー 日本初の前面展望電車の全貌[DVD] 5,460円 特急チャイムクロック SOLO 名鉄パノラマカー 3,570円
あのミュージックホーンがめざまし時計に!
パノラマカー栄光の半世紀 2,100円【送料無料】 トミックス 名鉄7000系パノラマカー(第11編成・復活白帯)セット[Nゲージ鉄道模型] 13,387円 名鉄パノラマカ−(犬山経由 河和〜新岐阜)[DVD] 2,426円

ラベル:内海 神宮前
posted by レールブログ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 名鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする